• TATAMI
    畳の値段ってどれくらい?|畳製作一級技能士が教える一般的な相場
    2018年4月1日
  • TATAMI
    畳のダニ駆除はどうしたらいい?|畳にダニが湧いた時の対処法
    2018年5月31日
  • Craftsman
    床の間にかける掛け軸とは?|茶掛けから動物まで掛け軸の意味を紹介
    2018年11月11日
  • TATAMI
    畳にカビが生えたらどうすればいいの?|和室のカビ予防と対策を紹介
    2018年6月5日
  • Craftsman
    【障子の種類】障子を張り替えるなら人気おすすめおしゃれな障子紙
    2018年10月12日
  • TATAMI
    畳職人になるにはどうすればいいの?|一級畳技能士になるまでの過程を紹介
    2017年11月14日
  • TATAMI
    畳マットは赤ちゃんに優しいのか?|安くてオススメな畳マットを紹介
    2018年5月21日
  • Craftsman
    襖を洋風に張り替えたい!人気おすすめのおしゃれな襖紙を紹介
    2018年10月15日
  • Craftsman
    【口コミレビュー】オシャレな簾(すだれ)おすすめ人気5選
    2018年11月20日
  • TATAMI
    畳の効果とは?日本固有の文化である畳について紹介
    2018年2月17日
  • TATAMI
    畳の学校って知ってる?|京都伏見区にある京都畳技術専門学院を紹介
    2017年7月6日
  • プロフィール
    【自己紹介プロフィール】樋口裕介
    2017年6月12日
  • TATAMI
    和室にある床の間って何に使うの?|歴史を知れば使い方が見えてくる
    2017年7月6日
  • TATAMI
    置き畳のおすすめって何?|置き畳のメリット&デメリットについて紹介
    2018年5月9日

樋口裕介
こんにちは!畳職人の樋口です!

 

突然ですが・・・・

 

他人に興味をもたれたい

 

皆さんは他人に興味をもってもらいたいと思ったことはないですか?

 

凄い人だな〜。面白い人だな〜。また会いたいな〜。

 

こんなふうに思ってもらったら嬉しいですよね。

 

今回はそんな人を引き寄せる魅力的な方とはどんな人なのか、魅力的な人に共通する7つの特徴をご紹介します。

 

私も修行中なので魅力的な人になる為、一緒に頑張りましょう。

 

魅力的な人に共通する7つの特徴
・相手の話を良く聞く
・相手を賞賛する
・相手の為に行動する
・相手にわかりやすい言葉で話す
・清潔でお洒落な服装
・自己効力感が高い
・自分のものを人に分け与える

相手の話を良く聞く

 

魅力的な人は話す力より聞く力を重要視している。魅力的な人は相手に先喋らせて、話をじっくり聞く方が多い。

 

社会に出て、”優秀な人”と呼ばれる営業マン&ウーマンはどんな方でしょう。

 

一般的に優秀な人と呼ばれている人の多くは、みんな共通して聞く力が凄い人たちです。

 

魅力的な人は会ってすぐ、自分のことばかり話す人はいません。

 

相手の話をじっくり聞きながら本質的なことはズバッと質問してくる鋭い方が多いです。

 

それでいて、物腰は柔らかいので、コッチがついつい喋り過ぎてしまうのです。

 

話すことは知識の領域であり、聞くことは英知の特権である

オリバー・ウェンデル・ホームズ・シニア

 

話すことは知識さえあれば誰でも喋れる。聞くことは知恵のある方にしかできない類い稀なる天性です。

 

「他人に興味をもってもらいたい」とあまり、自分の知識をあ〜だ、こ〜だ話しても、「次も会いたいな!」とは思ってもらえません。

 

魅力的な人になる為にはまず聞き役に徹すること。

 

相手の話をよく聞き、相手の本質を捉えることこそ魅力ある人への近道なのです。

 

スポンサードリンク

相手を賞賛する

 

魅力的な人は相手のことを賞賛することができる。

 

相手が成功した時には「ナイス👍〇〇君。君ならできると思ったよ。」 相手が失敗した時には「ナイスファイト👍ドンマイドンマイ。次頑張ろう」

 

日本のビジネスシーンでは「アイツを蹴落としてやろう」ばかりが目立ち、みんなで賞賛し合うという行為をしません。

 

その結果、お互いが足を引っ張り合ったりする為、物事が早く進みませんし、頑張っているヤツは悪いヤツみたいな風潮が生まれてしまうのです。

 

とはいえ、スポーツの世界では違います。

 

野球でいえば、ピッチャーが一球投げただけで「ナイスピッチ」とピッチャーを褒め称えます。内野手が一球取っただけで「ナイスキャッチ」と野手を褒め称えます。

 

つまり、褒め称えることがコミュニケーションの一つになっているのです。

 

この一連の行為は、選手の気持ちを良くするだけでなく、チーム全体の指揮を高めることにも繋がります。

 

ですが前述通り、ビジネスシーンでは相手を貶し合うことが優先され悪循環を生み出してしまっています。

 

そんな悪循環を一変させることができるのが魅力的な人です。

 

好きな女子アナランキングで五連覇を果たし、殿堂入りをした水卜麻美アナウンサーもその一人だと思います。

 

水卜アナウンサーが入社するまで日テレのアナウンサー室は悪い空気が漂っていたと言います。

 

競争が激しい、大変なお仕事なのでしょう。ライバルを意識して褒め合うことをしていなかった。

 

ですが、水卜アナウンサーが入社するとアナウンサー室の雰囲気は一変したと言います。

 

水卜アナウンサーは先輩アナウンサー、後輩アナウンサー関係なく褒め称えます。

 

あれだけ褒め称えているのだから、きっと失敗した時には励ましの言葉をかけているに違いありません。

 

その結果、チームとしての指揮が高まり、日テレは好きなアナウンサーランキング男女でトップという結果に繋がっています。

 

魅力的な人になる為には、相手を賞賛しましょう。

相手の為に行動する

 

魅力的な人は自分よりまず相手のことを考えて、相手の為に行動する。

 

皆さんは

誰かのために行動しようと

思うことはありますか?

 

大人になると自分にとってメリットのある相手としか付き合わなくなりますよね。

 

「相手のために行動=自分にとってメリットがある」から行動するのであってメリットにもならないどうでもいい人のためには行動しません。

 

時間を無駄にしたくない大人の当然の行動です。

 

ですが魅力的だと言われる人の多くは、自分の時間を無駄にしても他者の為に時間を使って、その人のために行動します。

 

ただ優しいだけ?

 

私は違うと思います。

 

魅力的な彼らにとって他者の為に行動するのは「自分磨き」の1つなのではと思います。

 

自分磨きとは自分の外見を磨いて人に好かれるのを目的にする言葉。

 

例えば小顔ローラーで顔をクルクルしたり、プチ整形をしたり、ダイエットなど「自分磨き」なんて言われますよね。

 

でも本当の魅力は外見から現れるものではありません。人の内面から魅力が現れるものなのです。

 

人のために行動することは偽物の魅力ではなく、本物の魅力を身につける方法なのです。

 

相手にわかりやすい言葉で話す

 

魅力的な人は難しい言葉を使って話さない。

 

「イニシアチブとってやって」「アジェンダ確認して」「そのプロジェクトはアウトソーシングする」

 

皆さんもこの横文字を聞いてイラっとしたことありませんか?

 

全部日本語訳した方が短くなる言葉ばかりです。

 

なのにわざわざ英語にして話してくる。

 

それでいて「Time is moneyタイム イズ マネー」とか言ってると本当に腹がたちます。

 

旧約聖書によれば人間の言葉は強大な力を持っていて、言葉を理解し、皆が協力すれば天空に住む神に近づくほどの塔を建設することだって出来るそうです。

 

言葉の強大な力を恐れた神は、皆の言語をバラバラにして理解できないようにしました。

 

それが「創世記」11章に書かれているバベルの塔のお話です。

 

言葉は理解し合えば神も恐れる強大な力になりますが、理解できなければ、無意味なツールでしかありません。

 

したがって理解できない、しにくい無意味な横文字を使って話すのは今すぐやめましょう。

 

清潔でお洒落な服装

 

魅力的な人は服装がオシャレで、いつも良い匂いがする。

 

皆さんの周りにいる魅力的な人は

どんな服装をしていますか?

 

ヨレヨレのTシャツにシワシワのズボンですか(笑)

 

私の知っている魅力的な人は少なくともシワシワ、ヨレヨレの服は着ていません。

 

アイロンかけてピシッとしたシャツにピタッとしたズボンを履いています。

 

 

どうせそういう人は高い服を着ているんでしょ!貧乏だから高い服は買えない!と言われそうですが、値段の高さは関係ない!と思います。

 

大事なのは値段の高さではなく、その人の服のセンスアイロンをしっかりとかけてるなどのメンテナンスが重要なのです。

 

また、魅力的な人はいつお会いしても良い匂いがします。

 

え?匂い?とバカにする人もいるかもしれませんが、匂いは人の第一印象でかなり大きな役割を果たしていると言われています。

 

例えばあなたが知らない人と初めてお会いした時、相手の体臭を無意識に感じようとしたことはないですか?

 

人間の嗅覚は無意識の中で嗅ぎ分け、人を判断しようとしています。

 

つまり第一印象で合う、合わないの感覚は外見、内面に次いで「匂い」というのは大事な要素なのです。

 

自己効力感が高い

 

魅力的な人は自分なら目標を達成することができる!と確固たる自信をもっている。

 

仕事でも勉強でも部活でもなんでも構いません。

 

皆さんは何か成し得る自信がありますか?

それを大勢の前で発言できますか?

 

日本社会は謙遜社会です。「いえいえ。私なんか。全然です。」と言うことが美徳とされる社会になっています。

 

むしろ「はい!自信あります!」と答えるもんなら自信過剰でウザいと思われ、嫌われる要因になる可能性があります。

 

では、自信を口にすることは悪いことなのでしょうか。

 

決してそんなことはありません。

 

自信は設定した目標を達成するために絶対に必要なものです。

 

魅力的な人で自分に自信がない人はほとんどいません。

 

とはいっても、言ってることは矛盾してますよね。

 

自信があったら嫌われる。

 

なのに魅力的な人は自信がある。おかしいです。

 

その理由は自己肯定感自己効力感の違いにあります。

 

自己肯定感というのは、自分を積極的に評価できる感情、自分の価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉です。

 

近場で言えば「意識高い系」などと言われている人たちに近いかもしれません。

 

意識高い系の人たちも決して悪い人たちではないですが、自分を肯定し過ぎているというか自己評価が高過ぎるんです。

 

言ってることは間違っていないのに行動が追いついていないから人をイラっとさせてしまう。そんな人たちです。

 

では、自己効力感とは何なのでしょうか。

 

自己効力感とは「自分にある目標を達成する能力があるという認知をすること」です。

 

自己効力感は自分の存在を肯定するわけでもなく、自分を何かにつけて評価するわけでもありません。

 

自分の中にある叶えたい目標は、このプロセスを辿れば必ず達成することが出来る!というイメージができている人のことです。

 

何があるのかわからない空虚な自信ではなく、努力を積み重ねて作り上げられた確固たる自信なのです。

 

魅力的な人は確かに自信家です。ただ自信家といっても自己効力感が高い、人の百倍努力する自信家なのです。

 

自分のものを人に分け与える

 

魅力的な人とは豊かな人間。豊かな人間とは自分がたくさん持っていることではなく、人に分け与えれる人間のこと。

 

皆さんは自分の持っているものを

人に分け与えられますか?

 

人間は強欲な生き物です。

 

人の持っているものは欲しい。だけど自分の持っているものはあげない。

 

まさに「お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの」でお馴染みのジャイアンマインドです。

 

ですが、世の中には自分の顔をもぎ取って、人に分け与えるようなアンパンマンマインドな人も存在します。

 

そんなアンパンマンのような人の多くは、たくさんの人から慕われる魅力的な人です。

 

とはいえアンパンマンと言っても現実味がないですよね(笑)

 

例えば、バリ島に住んでいる大富豪で兄貴こと「丸尾孝俊」さん。兄貴の有難い言葉が人気を博し「神様はバリにいる」の作品名で映画化もされました。主演は「ALWAYS 三丁目の夕日」や「クライマーズ・ハイ」でお馴染みの堤真一さんが務めています。

 

兄貴こと「丸尾孝俊」さんは人に与える大切さをよく説いています。

 

ビジネスは人と人から始まる。だからこそ人に自分の持っているものを与え、信頼を作っていく。

 

素晴らしい考え方だと思います。

 

このような考え方こそ人を惹きつける魅力的な人になる為の一番の近道なのだと思います。

 

最後に

 

いかがだったでしょう。

 

魅力的な人に共通することが理解できたでしょうか。

 

魅力的な人になろう!と思ってもすぐなれるものではなく、時間をかけてコツコツ積み重ねた結果だと思います。

 

今回の記事で紹介したことを日々積み重ねたら皆さんの憧れる魅力ある人になれるのではないかと私も頑張る次第です。

 

皆さんも参考にしてみて下さい。

 

読んでいただきありがとうございました。

関連キーワード
エッセイの関連記事
  • 【怖い話】なぜ居合の試し切り稽古で竹入りの畳を斬るのか?って話
  • 【ランチ確定】職人のお昼ご飯は「おにぎり」が最高だと思うって話
  • 【男女の友情とは?】男女の関係には3種類あるという話
  • 野球部で十二年間坊主だった私が脱坊主派野球部に賛成する理由
  • 「休日何してる?」を考えてみたら「休日はいらない」という答えになった
  • 【ヒキニート脱出】無職の引きこもりニートから抜け出す5つの方法
  • 【学歴コンプレックス】低学歴でも大丈夫だよ。っていう話
  • 【ブログ奮闘記】畳ブログを急成長させた3つのこと
小説家になろう「京都物語」連載中

伝統と革新の街「京都」。京都には、畳職人が集まる不思議な居酒屋がある。来客する畳職人は変わり者の個性派揃いで、いつも事件を巻き起こす。この物語は、京都にある不思議な居酒屋を舞台にしたコメディ要素強めの私小説です。

おすすめの記事