• Craftsman
    成長市場のリフォーム&リノベーション市場|そこにある落とし穴とは
    2017年7月19日
  • TATAMI
    畳業界に新しい風を吹かせたい|「畳屋よこうち」代表に聞く"自由な仕事"とは
    2017年9月11日
  • TATAMI
    畳とフローリングどっちが良い?|畳とフローリングのメリット&デメリット
    2018年5月1日
  • TATAMI
    和室にある床の間って何に使うの?|歴史を知れば使い方が見えてくる床の間の話
    2017年7月6日
  • Craftsman
    【驚愕】日本の凄い職人技に海外と国内の反応は?|職人技をまとめてみた
    2017年8月26日
  • TATAMI
    【畳張り替え講座】畳表替えにかかる時間は?|畳替えの時期は今でしょ
    2017年7月6日
  • TATAMI
    【畳屋マーケティング】売り上げを伸ばしている店がやっている5つの事
    2017年8月22日
  • TATAMI
    畳の値段ってどれくらい?|畳製作一級技能士が教える一般的な相場
    2018年4月1日
  • TATAMI
    畳のダニ駆除はどうしたらいい?|畳にダニが湧いた時の対処法
    2018年5月31日
  • TATAMI
    畳の学校って知ってる?|京都伏見区にある京都畳技術専門学院を紹介
    2017年7月6日
  • TATAMI
    置き畳のおすすめって何?|置き畳のメリット&デメリットについて紹介
    2018年5月9日
  • TATAMI
    畳マットは赤ちゃんに優しいのか?|赤ちゃんにオススメの畳マット
    2018年5月21日
  • TATAMI
    畳にカビが生えたらどうすればいいの?|和室のカビ予防と対策を紹介
    2018年6月5日
  • プロフィール
    【自己紹介】 RushArtisan代表 樋口裕介プロフィール
    2017年6月12日
  • TATAMI
    畳について知りたい?|畳とは何か知りたい人はまずはこれを見てくれ!
    2018年2月17日
  • TATAMI
    畳職人になるにはどうすればいいの?|一級畳技能士になるまでの過程を紹介
    2017年11月14日
スポンサードリンク

 

こんにちは!

 

畳職人の樋口です。

 

今回は「職人について」書いたエッセイの記事になります。

 

今、職人の世界は大きく変わろうとしています。どうなっていくのか誰もわからない。行き先不明&天候不明の大海を渡っているようなものです。

 

過渡期を迎えた職人の世界で私たちに出来ることは何だろう・・・と考えた内容になります。

 

歴史の転換点

 

18世紀頃にイングランドの地で始まった世界を変える出来事「産業革命

 

これは機械が人間に代って物を生産するという19世紀頃までの一連のプロセスです。

 

当時の学者は人間の仕事が無くなると言っていましたが、今を見ればわかる通り産業は爆発的に増えて、人間の労働力が今まで以上に必要になりました。

 

そして、次から次へとイノベーションを起こし新しい商品が生まれ世界は大きく変わっていきました。

 

ただあの頃の学者の言うことは全て間違いだったのでしょうか。

 

ドイツ人経済ジャーナリストであるウルリケ・ヘルマン氏は「職人の経験値的知識が失われることに繋がった」とおっしゃっています。

 

では今の日本の職人は経験値的知識を失ってしまったのでしょうか。もしくは、これから先の第4次産業革命により失っていくのでしょうか。

 

これは産業革命以降の日本の職人がどう変わっていくのか、これから先の職人とは何かについて考えてみたエッセイです。

 

職人とは何か?

 

まず、最初に職人とはどういった人達なのかについて知らなければなりません。

 

ウェキペディアでは「自ら身につけた熟練した技術によって、手作業で物を作り出すことを職業とする人のことである」このように定義されています。

 

その定義に当てはまるのは多種にわたる業種があり建築系から伝統工芸品、飲食系(寿司)など数多くあります。

 

この多くの職人達の活躍によりものづくり大国、日本なんて呼ばれた時代もあり、職人の技術というのは重要な意味を持っていました。

 

その職人の多くは、丁稚制度(弟子)を利用していて、多くの場合は住み込みで親方(社長)から技術を教えてもらい一人前になるまで務めるというのがほとんどでした。

畳職人の修行

 

職人の修行とはどういったものなのか。昔に比べ、今では職人の修行をする人は減り、希少な存在になりつつあります。

 

私は畳職人の修行を京都で六年間(正確には丁稚:四年間+職人二年間)行ったのでその修行について私の経験を元に解説していきたいと思います。

 

まず私どもの畳職人の修行は仕事とセットで行われます。

セットというのは、技術を有する施工もお客様との接客も仕事を通して教えてもらうことで現場にも初日から出ます。

 

なので給料も毎月当たり前に出ますし、残業もするので残業代も出ます。お店によってバラバラですが頑張ればボーナスも出ます。

 

また多くの丁稚は住み込みなので朝、昼、夜とご飯が出るところがほとんどです。

 

ただ、技術の向上のための練習(京都では毎年11月に畳の競技会がありそのための練習&有職)は仕事が終わってから自主的にやることなので遅い時間まで居残りとなります。

 

また平日の夜は畳の学校に行くため仕事が終わりご飯を頂いたらお店の軽トラをお借りして学校まで通っていました。

 

これは畳職人だけのことではなく瓦、大工、板金、なども同じシステムでした。ただ年数・授業内容は職種によって違います。

 

修行期間はというと3年8ヶ月で修行期間が終わりとなります。

 

しかし、それは一人前になったというわけではなく、一つの区切りくらいに捉えてもらう方が正しいです。

 

一人前と認められるのは一級畳製作技能士の資格をとってからのこと。それまでは見習いと大して変わらない扱いです。

 

余談ですが、一級畳製作技能士の資格がとれる試験を受けることが出来るのは、修行期間が終わり1年7ヶ月後となります。

 

これは京都で畳を学んだ場合で、職種や地方によっても違うらしいのですが、『何年後に何級を受けられる』というシステムは基本的に同じだそうです。もちろん例外はあるでしょうが。

 

職人の歴史

 

職人と呼ばれる人たちが出現したのはいつ頃なのでしょうか。

 

業種によって違いますが、古事記に『鍛治職人』が出てくるので、今から約1300年前の712年以降には確実に存在した人達となります。

 

しかし、職人の実態については不明な点が多いため、あまりよくわかっていません。

 

ですが、職人歌合類など文学作品において様々な職種の職人の姿が描かれていて、職人歌合は朝廷や貴族に従属する職人を和歌によって結縁させて、怨霊の鎮魂など呪術的意図によって作成されていたと考えられています。

 

また、職人歌合類は時代の変遷とともに描かれる職種が増加していることから社会の変遷を反映した歴史資料としても活用されているそうです。

 

※職人歌合:職人歌合は職人を題材とした日本中世の歌合

※結縁:仏道に入る縁を結ぶこと。仏道に帰依(きえ)すること

ウェキペディアより引用

 

それから途絶えることなく続き、江戸時代になると徳川家康に贈る献上品(備後のい草)として重宝されました。

 

このようなことからか、丁稚の数というのは江戸時代が最も多かったそうですが、明治時代になると商人という扱いに変わっていく業種も増えていきました。

 

現代の職人

 

高度経済成長期に入ると職人の業界も変化していくことになります。増えすぎた需要を賄おうと生産性を上げる為機械化したのです。

 

「製品の全ての部分を職人の手で製造」から「機械を使って作業効率を高めて大量生産」の方にシフトしていく職人が増えていきます。

 

これにより競争力が高まり手だけで作る職人が減っていき機械化が進んでいきます。畳業界でも機械化は進み今ではほとんどの畳屋に機械が導入されています。

 

建築分野においては『ツーバイフォー工法』『プレハブ工法』など、伝統的技術を要しない工法が大手ハウスメーカーなどにより普及しました。

 

また伝統工芸品の職人業界では外国からの安物輸入品や国内の大量生産品の影響で需要が減った。他にも後継者不足が原因でお店を閉めてしまう職人が増えてしまいました。

 

これからの職人

 

これまでの職人は手作業で優れた技術を持ちそれを矜持としてきました。

 

しかし、機械化が進んだことで大きな部分で手作業が必要なくなったこと。大きな部分で手作業がなくなると職人にとってこれまで当たり前だった「経験の定義」が変わることになります。

 

職人にとっての経験とは?

では、職人の経験とは何でしょう。

畳でいうと、主要となる製造が手から機械に変わると一枚あたりにかける時間は短くなります。

 

機械で出来ない部分を除くと8〜10倍も早く製造することができます。

 

つまり、機械というのはデリケートで繊細な(職人の手の感覚が必要ない)場所を代替してくれているわけです。

 

それは、一枚あたりにかける時間を短縮して、さらに技術を要する箇所で時間をかけて施工できるという点で機械化というのは合理的であることがわかります。

 

職人の業界でもこれだけ機械化が進んだ理由として理解してもらえていると思います。

 

それは職人の今まで考えてきた経験の定義が変わり何に時間を使うかがより重要になってくることとリンクします。

 

つまり、職人における経験とはどこで、誰に、何枚、どのようなプロセスで教えてもらい製造出来るようになったのかと言う従来の主張では無く、お客様のことを考え技術が必要な箇所にどれだけ目を向けて仕事が出来たかにシフトしたのです。

 

かなり昔になりますが堀江氏のツイッターで寿司職人で何年も修行するのはバカだという発言がありました。

 

『バカ』と『寿司』いう言葉は外しておくとして職人の業界にとってはとても重要なことをおっしゃっていると私は思います。

 

私の解釈で間違っていたら申し訳ないですが、これからの職人は、もっと効率の良い学び方をして短い期間で学習を終わらせ、事業をはじめてみてお客様が何を求めているかに目を向け研究するのに時間を費やした方が経験になるということだと思います。

 

批判もありましたが、これは職人の業界で必要な意見だと思います。

 

第四次産業革命を迎えて

 

安倍政権は世界の安定的な成長をけん引していくとして成長戦略の柱第四次産業革命を推進していくことを伝えています。

 

この第四次産業革命はIoT・AI・ロボット・そしてビックデータを活用して産業構造を大きく転換しようという取り組みであります。

 

大賛成である一方で職人業界がどうなるのかについては考える必要性があります。なぜかというと一部の起業家・学者などがAIやロボットが人間の仕事を奪うとおっしゃっているからです。

 

まるで産業革命の時のようですね。しかし、その時とは技術的革新の次元が全然違うと言われています。

 

ただ一方でシンギュラリティ(技術的特異点)は来ないとおっしゃっている人もいますが・・・・

 

どっちが正しいかの議論は専門家にお任せして、どちらの意見になるにしろ多くの仕事で現状が変化することは間違いないわけです。

 

それも遠い未来では無く、近い将来に起こることだと思います。

 

 

グーグル発のスタートアップ企業が開発しているのは人工知能で家やマンション、ビルを設計すること

グーグル社から独立したFlux社は、同社で開発した自動設計システムの事業化を図っている。建物の意匠や構造、設備の要素データを含んだ『建築の種』をパソコン上の敷地に配置すると、三次元モデルを自動生成する。法規制をクリアするように位置や高さ、長さなどを調整できる

 

アメリカのスタートアップ企業が開発しているのは3Dプリンターで家を建てること

 

ハウスメーカーをはじめ建築系の情報処理の仕事も一部の職人の仕事も必要なくなる日も近いということです。

 

これからの職人に必要なこと

 

職人にとってインターネットはあまり必要ないことでした。

 

地域密着型ですし、技術力があれば何もしなくても仕事が入りました。

 

これからは違うと考えます。

 

一部の地域は過疎化していき、技術力は科学技術(テクノロジー)が担います。

 

そうなった時に今までよりも幅広いコミュニティが必要になるでしょう。

 

 

それはインターネットで解決出来る問題です。

 

インターネットを使えばお会いしたことのない人と繋がれますし、情報を共有できます。

 

ユーザーと施工者をマッチングして仕事を増やすことも出来ます。

 

でも「ネットについて詳しくない」という人もいると思います。

 

HP立ち上げ、Webマーケティングについて簡単なことなら私に相談してください。

 

メールだけでの相談でも構いません。もし、東京23区なら直接会うことも可能です。コメント欄にお寄せください。

 

最後に

 

これからの職人には『この先進んでいくテクノロジーを受け入れて使いこなす』という考えが必要だと思います。インターネットはその入り口と捉えてもらい使っていただきたいと思っています。

 

職人とは何か?の定義は変わっていくもの』だとしてその先に職人としての矜持は失われないだろうかと心配になる人もいるかもしれませんが、より繋がることで新しく、より創造的な商品・サービスを生み出すことができるかもしれません。

 

なので大事なのは受け入れること

職人の業界はこれからは変わらなければならないと私は思います。

 

読んでいただきありがとうございました。

関連キーワード
Craftsman, エッセイの関連記事
  • 襖の貼り替えってどうやるの?|和室に合うオシャレな襖紙を紹介
  • 障子の魅力は遮光だけでじゃない?|オシャレなデザインの障子を紹介
  • 職人気質とは?|職人気質な人との上手な付き合い方を紹介
  • もしかして欠陥住宅?|家づくりの失敗例をまとめてみました
  • 褒章と勲章の違いって何?|その道を極めた人に送られる名誉を紹介
  • 24時間で新築が建つ?|3Dプリンターで建てる新しい時代の家づくり
  • 【驚愕】日本の凄い職人技に海外と国内の反応は?|職人技をまとめてみた
  • 職人とは何か?|ハイテクな時代で職人の進むべき道を考えてみた
おすすめの記事