• TATAMI
    【畳張り替え講座】畳表替えにかかる時間は?|畳替えの時期は今でしょ
    2017年7月6日
  • プロフィール
    【自己紹介】 RushArtisan代表 樋口裕介プロフィール
    2017年6月12日
  • TATAMI
    畳とフローリングどっちが良い?|畳とフローリングのメリット&デメリット
    2018年5月1日
  • TATAMI
    畳の学校って知ってる?|京都伏見区にある京都畳技術専門学院を紹介
    2017年7月6日
  • TATAMI
    畳職人になるにはどうすればいいの?|一級畳技能士になるまでの過程を紹介
    2017年11月14日
  • TATAMI
    【畳屋マーケティング】売り上げを伸ばしている店がやっている5つの事
    2017年8月22日
  • TATAMI
    畳について知りたい?|畳とは何か知りたい人はまずはこれを見てくれ!
    2018年2月17日
  • Craftsman
    【驚愕】日本の凄い職人技に海外と国内の反応は?|職人技をまとめてみた
    2017年8月26日
  • TATAMI
    畳業界に新しい風を吹かせたい|「畳屋よこうち」代表に聞く"自由な仕事"とは
    2017年9月11日
  • Craftsman
    成長市場のリフォーム&リノベーション市場|そこにある落とし穴とは
    2017年7月19日
  • TATAMI
    畳のダニ駆除はどうしたらいい?|畳にダニが湧いた時の対処法
    2018年5月31日
  • TATAMI
    畳マットは赤ちゃんに優しいのか?|赤ちゃんにオススメの畳マット
    2018年5月21日
  • TATAMI
    畳にカビが生えたらどうすればいいの?|和室のカビ予防と対策を紹介
    2018年6月5日
  • TATAMI
    和室にある床の間って何に使うの?|歴史を知れば使い方が見えてくる床の間の話
    2017年7月6日
  • TATAMI
    畳の値段ってどれくらい?|畳製作一級技能士が教える一般的な相場
    2018年4月1日
  • TATAMI
    置き畳のおすすめって何?|置き畳のメリット&デメリットについて紹介
    2018年5月9日
スポンサードリンク

 

こんにちは!

 

畳職人の樋口です!

 

猫が畳の上でガリガリする、犬が畳の上でオシッコした畳張り替えたいんだけど!!!

でも、正直めんどくさそう〜とか、どこに頼んで良いかわからないとか実はよく聞きます(ㆀ˘・з・˘)ョボーん

 

そんなわけで、今回の記事は畳の張り替えについて一連の流れの説明と注意してもらいたいことなどを書いていこうと思います。

畳の張り替えってめんどくさそう

 

 

畳の張り替えってめんどくさそうと寄せられた、ありがたい?(笑)意見の中で最も多かったのを紹介します。

和室にはタンスがあって、物置部屋みたいに物がゴチャゴチャしてるの。それ全部片付けないと畳張り替えてくれないでしょう。
いいえ。片付けなくて結構です。畳屋がやります!

近年では多くの畳屋さんが無料サービスで動かしてくれます。また、一部の畳屋さんでは廃棄処分(一般廃棄物処理業)ゴミ処理をしてくれる畳屋さんまであります。

 

 

畳張り替えたらホコリがでるから掃除しなきゃいけないでしょ
いいえ。掃除しなくて結構です。畳屋がやります!

多くの畳屋さんでホコリを取ってくれたり掃除機をかけてくれたり無料でサービスしてくれます。ただ、洗い屋さんのような専門業者ではないのであれほどのクオリティーを求められても困ってしまいます。もしピカピカにしたいのであれば畳屋はだいたい洗い屋さんと仲が良いので言ってくれれば紹介してくれると思いますよ。

 

 

畳替えの時期っていつ頃がいいの?
期間は中国産い草の低価格品で3〜6年くらい。国産い草の上物で10年〜13年くらい。オススメの季節は新しいい草が入荷する11月くらい。オススメしない季節は梅雨の時期。

畳替えの期間は一概に言えません。使い方によってはもっと早く交換した方が良い場合もありますし、まだ交換しなくても良い場合もあります。ペットを買ってらしたり、子供がいる場合は結構な頻度で痛んでいるケースがあるので畳屋に聞いてみてください。季節に関して11月に新しいい草(新グサ)が入荷します。11月〜3月くらいを目安に検討していただくと良いでしょう。逆にオススメしない季節は梅雨の時期になります。その時期は湿気が溜まっていますのでオススメできません。出来れば梅雨が終わってからの畳替えが良いでしょう。

 

 

ただ職人の世界は古い世界ですからサービス悪いところも未だに存在するんですよね。

俺たちは畳屋じゃ。畳しかやらんのや!

みたいな人達。。。。なので念のため、畳工事をする前に聞いておくことをオススメします。

 

でも多くの畳屋はそうじゃないっていうのを知ってもらいたいし、少なくても私が知ってる畳屋は素晴らしい仕事・サービスをしてくれます。

 

もし不安であればご紹介することも可能なのでコメント欄にご記入ください。あ、地域はどちらでも構いませんよ。

 

畳の張り替えって何?

 

ではでは畳の張り替えについて説明していきたいと思います。でも畳の張り替えについて詳しくやるとそれだけで超長文になってしまうのでここでは大事なことだけを取り上げておきたいと思います。

 

畳の張り替えと呼ばれる施工には大きく分けて3通りの施工方法があります。

 

畳の床ごと全てを変える【新畳】

畳表だけを変える【表替え】

今使っている畳表を裏に返して新しい畳縁を付ける【裏返し】

 

【表替え】と【裏返し】は工事の流れが同じなのでまず【新畳】の工事の流れから書いていこうと思います。

新畳の工事の流れ

新畳の工事の最初は寸法取りから始まります。畳は一枚一枚寸法が違う物なので、お客様の家にお邪魔して正確に寸法を測らなくてはいけません。基本的に見積もりとセットで行われることが多いのでほとんどの畳屋は寸法道具を常備しています。もしかしたら寸法を取る際に家具や小物を動かして採寸する場合があるので貴重品などは安全な場所に置いてください。

 

次に取った寸法を工場に持って帰り、製造に移ります。製造過程はお店によっても(手法が違う)、商品の種類によっても違いますが、今回は私が実際に製作した畳の製造過程を見ていただこうと思います。

 

【畳職人/Tatami 】一級畳製作技能士|畳の作り方

 

畳が出来上がったらお客様の都合の良い日、時間に合わせて納品を行います。お客様が使っていた畳を引き上げて掃除し、新しい畳、新畳を納品します。畳の枚数、荷物の数によって時間は違いますが6帖であれば20分〜1時間あれば終わると思います。

 

今まで使っていた畳は畳屋に言えば処分してもらえます。たまにお客様自身で古畳を処分される方がいらっしゃいますが、正直、畳屋に処分させた方が得です!畳屋は業者なので捨てられる量が一般の方より多いですし、細かく切って捨てるため、余分はゴミ箱に入れます。お客様が捨てるより断然安いと思いますよ。時間ももったいないですしね。

 

以上で新畳の工事は終了です

ね!簡単だったでしょう!(笑)工事が終わった後に皆様言ってくれるんです。もう終わったの?って(笑)

 

日数は表替えや裏返しに比べて、沢山かかりますが、出来上がったらあっという間に終わります。施工自体は畳屋の腕の見せ所と言いますか、頑張らなくてはいけないんですがね(笑)

表替えと裏返しの工事の流れ

 

それでは、表替え、裏返しの工事の流れについて説明していきたいと思います。

 

表替えも裏返しも基本的にはその日仕事と言って一日で終わらせるのを基本にしてます。何日間も家に出入りされたら迷惑ですよね。それに和室でお休みになるお客様もいらっしゃいます。早い事終わらせてお客様の大事なプライベートルームを戻して差し上げなくてはいけません。

 

畳の引き上げの日程は見積もり段階で決めることと思います。お客様の都合の良い日を選んでいただき、それに合わせて畳屋は日程を組み、当日の朝、畳の引き上げに向かいます。

 

引き上げの手順はお店によって違うので一概に言えないのですが、畳を引き上げたら掃除をし、何時に完了し納品に来るのかをお客様に伝達します。ただ、その日に急に違う仕事が入り急務であると、どうしても遅くなってしまうことがあります。その際にはお客様に一報、お知らせすると思いますが、ご了承頂けたらと思います。

 

 

畳を引き上げたら車に畳をのせ、工場に持って帰り、畳の張り替え作業に入るわけです。

 

よく寄せられる質問で、部屋の除湿はどうしたいい?と聞かれるのですが、一番は除湿器を使うことをオススメします。近年、畳屋さんがサービスで貸し出してるお店もあるみたいですよ。除湿器が無い、もしくは二階以上で除湿するほど湿気っていない場合は窓を開けて換気だけしといてもらうと良いでしょう。

 

湿気はノミやダニ、カビの元凶で畳の1番の敵!!!で注意しなければいけません。特に梅雨の時期などはずっと窓を閉めっぱなしですよね。知らない間に湿気は溜まっていきます。最近はホームセンターなどに様々な便利グッズがありますが、それだけで安心せずに、よく晴れた日には窓を開けていただき換気をしていただくことをオススメします。

 

ほんとは昔の衛生掃除みたいに畳を外に干したりした方が良いのですが・・・・

それでも日々のメンテナンスは行いましょう。

 

不明な白い粉

 

マンションや古民家なんかで畳を引き上げた後によく見られる白い粉( ゚д゚)

これは大半がDDTまたは石灰の粉です。

 

DDTはかなり昔に防虫効果を期待して撒いたものなのですが、最近は国際がん研究機関発がん性評価ではグループ2Bの人に対して発がん性が有るかもしれない物質に分類されています。って言っても世の中に在るもので発ガン性の物質多すぎですが・・・

もし撒いてあったら念のためにマスク着用をして窓・ドアを閉め掃除機をかけた方が良いと思います。

※DDTは明治・大正・昭和時代に建てられた古民家などに撒かれていることがある

 

石灰の粉は防虫効果があると言われていますが、洲本製紙が提供してる、畳屋業務用の防虫シートの方が断然効きます!ので畳屋さんにお問い合わせください。

 

古民家は少し注意が必要かもしれませんね。

一方、工場の中では

 

お客様から預かった大事な畳がどう施工せれるのかについて簡単に説明したいと思います。ただ、技術を言葉で語るのって非常に難しいんです。全部体が覚えてしまってることですから。説明不足と思った方は畳屋の前を通った時にのぞいて見てください(笑)

 

畳が工場に運ばれてくると畳は台に積まれてキレイに解体されます。

それから畳の床が傷んでいるところを補修工事したり、寄席の隙間が空いていたところは丈・巾を出したりした後で畳表を張り縫い合わせます。

 

【畳職人/Tatami 】畳の作り方|からくり(かがり)

 

上のYouTube動画は工程の1つ『からくり(かがり)』という作業です。畳表の端は取れやすいもので時間が経てば緩んできてしまいます。そこで麻糸を使いしっかりと端止めをします。これは主に湿気の多い地域で行われる作業で床の裏に畳表を曲げられない(曲げてしまうとカビで裏返しができない)ところで使われます。特に京都は盆地なので湿気が溜まりやすく日常的にこの作業を行なっていました。

 

ここまでの工程を『前立て』というのですが、表替えはここまでがとても大事でお客様の満足のいくような畳を作れるかは前立てで決まります。

 

最後に縁を縫い合わせて、隅を整えて作り完成です。

 

 

ここで畳の縁について説明したいと思います。

数十年前の畳縁というと単色の黒、茶が主流でした。今は数百種類の畳縁が存在するため選ぶだけでも迷ってしまうと思います。

 

もちろんお好きな色を選んでいただければ良いのですが、ひとつポイントとして高い値段の畳縁だから強度がある&高い値段の縁だから汚れに強いわけではありません!!!

 

最高級麻縁は別として、綿糸で織った畳縁とかすごい綺麗ですけど頻繁に使う部屋の畳には向いてないです。商品名を名指しで言えないですが、めちゃくちゃ色が綺麗な高価畳縁なのに、シミができやすいとか汚れやすいとか、日焼けしやすいとかあります。

 

そういうのを畳屋は全部知ってますが・・・・

この畳縁、綺麗!これにする!

これ耐久性ちょっと弱いですよ!

えっ?

なんか嫌な気持ちになりますよね。。なのでお客様の感性で選んだものをケチつけることはしません。もし心配であればお客様の方から耐久性について畳屋にご質問ください。

 

※ただ全ての畳縁はJIS規格より許可された縁ですので普通のより少し耐久性が弱いというだけで、不良品なワケではありません。

 

 

ざっと簡単に工場の中の工程を説明しましたが、もっと細かく工程がありお客様から預かった畳を施工しています。

夕方に納品

 

 

それでは!!!キレイになった畳をお部屋に敷きこんでいきます!!!

茶色かった畳が青緑の綺麗な色の畳(裏返しは薄い金色)に変わります\\\\٩( 'ω' )و ////

 

敷き込みが完了したら納品完了なのですが、最後に知っておいて欲しいことがあります。

畳には染土という自然の土を配合して作った粉が塗ってあります。雑巾で新品の畳を拭くと緑色が付着します。これが染土なのですが、なにも嫌がらせで付いている訳ではなく、染土は日焼け止めのためにつけているんです。

 

もちろん完璧に取ってしまってもいいんですが、よく陽が当たるところで使わない(踏まない)ところなんかは取らないでそのままにしとくほうがいいと思います。

 

畳屋さんの善意で完璧キレイに拭き取ってくれるところもあるようなので朝の段階で聞いてみるといいと思います。

 

 

もう一つ繰り返しになりますが、換気はよくしてください!!!。新品の畳は湿気をよく吸います。天然のい草の良い香り、色を長く保つ為には晴れた日には窓を開けていただき、雨の日には閉じてもらう。特に納品して最初の10日ぐらいは意識して換気していただくことをお願いします。日頃のメンテナンスが畳を長持ちさせる秘訣です。

最後に

いかがだったでしょう。

少しでも皆様の疑問を解決することに繋がったのであれば幸いです。

 

最後に畳職人の気持ちみたいなものを書こうと思います。

私は畳を作る時、お客様に対していろんな想いを込めて施工しています。畳って、それほど頻繁に張り替えしないじゃないですか。だから、少しでも長く使っていただけるように修理の方に時間かけて行なっています。

 

畳の修理って目に見えるものではありません。畳を踏んでもどうでしょう。

ここ修理したんですよ!

覚えてないです(笑)』ってなりそうです(笑)。お客様には伝わりにくい事かもしれません

 

目に見えない、言葉でうまく伝えられない、でもそこに手間をかけるのが職人なのかなと思います。

 

読んでいただきありがとうございました。

関連キーワード
TATAMIの関連記事
  • 畳替えはいつ頃したらいい?|畳にまつわる10の質問を紹介
  • 和室のメリットとデメリットは?|おしゃれな和室の施工事例を紹介
  • 八王子市元本郷町で畳を張り替えるなら畳屋よこうちがオススメな理由
  • 畳屋の利益ってどれくらい?|畳屋の年収を暴露します!
  • 畳を歌で盛り上げる?|畳をテーマにした曲を紹介します
  • 畳のへりは踏んではいけない?|知っておきたい畳のへりの役割
  • 畳にカビが生えたらどうすればいいの?|和室のカビ予防と対策を紹介
  • 畳のダニ駆除はどうしたらいい?|畳にダニが湧いた時の対処法
おすすめの記事