我輩も猫である。

 

名前は三つもある。

 

ぴーしゃん。みーたん。とら。

 

好きなように呼んでくれて構わない。

 

その代わり、挨拶がわりのタックルをお見舞いするから覚悟しておくように。

 

 

我輩も猫である。

 

お前!手に何か隠し持っていないか!

 

また魚の匂いがするぞ。

 

なんで魚を食べる時は我輩にもくれんのだ。

 

ばかたれめ。

 

 

我輩も猫である。

 

眠い。最近はとことん眠い。

 

疲れが溜まっておるのか。

 

襖を破いたのはお前だろ!と怒られ反省したフリ。

 

主人を相手してやるのも疲れる。

 

 

我輩も猫である。

 

いよいよ、葉の色が変わる頃じゃな。

 

この時期の庭の眺めは、そこそこ綺麗だ。

 

おい!お前たちはまたスマホで写真か。

 

目に焼けつけんかい。

 

 

我輩も猫である。

 

なんか毎日かったるい。

 

 

 

我輩も猫である。

 

やっぱり死ぬなら畳の上が一番だ。

 

南無阿弥陀南無阿弥陀仏。ありがたいありがたい。

 

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

関連キーワード
プロフィールの関連記事
  • 【ランチ確定】職人のお昼ご飯は「おにぎり」が最高だと思うって話
  • 【江戸川区・新小岩周辺】樋口畳商店の畳工事施工の流れ
  • なんで畳職人になったの?畳職人になろうと思ったキッカケ
  • 【メリークルシミマス】クリスマスぼっちにおすすめの小説
  • 30万円で買った軽トラックに乗って一年が経ちました
  • 樋口裕介って誰?畳職人の自己紹介プロフィール【Yuusuke Higuti】
おすすめの記事
エッセイ
今回は、桜の話。お付き合いください。 桜の話   桜は死を連想すると言われているが、私はそうは思わない。桜の花びらは散った後も変わらず、美し...