みなさん、こんにちは!畳製作一級技能士の樋口です。今回は、【PR】クリスマスぼっちにおすすめの小説を紹介します。

 

皆さんは、今年のクリスマス誰かと過ごしますか?

 

私は仕事+飲み会(地元のおっちゃん&おばちゃん)で最高のクリスマスを過ごす予定でいます。

 

きっとケーキも塩辛い味になる事でしょう。

 

冗談はさておき、残念ながら誰かと過ごす予定が無いクリスマスぼっちの方は「何しようかな」と今から考えているかと思います。

 

そこで、そんなクリスマスぼっちにおすすめの小説を紹介します。

 

【PR】クリスマスぼっちにおすすめの小説

 

クリスマスぼっちにおすすめの小説とはドフラミンゴに聖なる夜をです。

 

『ドフラミンゴに聖なる夜を』あらすじ
これは聖なる日を過ごすとある男の物語。クラブで知り合った女”ドフラミンゴ”とクリスマスの日にデートする約束をした畳職人の男。久しぶりのデートと非日常的な街の景色に心が踊り幸福感に満たされるのだが・・・。

 

”畳職人”と言うところで気が付いたかも知れませんが、これは私の実話を基にした小説になります。(もちろん、書いたのも私です)

 

私の体験した中でも心に強く残っている一日であり、とても満たされていた一日でもありました。

 

皆、誰しもそういった日はありますよね。

 

だけど思い出はいつか色褪せて忘れてしまうものです。

 

だから、文章にして残したかった。

 

『ドフラミンゴに聖なる夜を』は小説はそういった想いで書き綴りました。

 

クリスマスを一人で過ごすぼっちの貴方へ、この小説が聖なる日の彩りに華を添える事を祈っています。

 

ちなみに、『ドフラミンゴに聖なる夜を』は小説家になろう、ノベルアップ+、カクヨム、noteで無料で読む事ができます。(登録も必要ありませんが、登録するとコメントが打てる様になります)

 

▼小説家になろう:https://ncode.syosetu.com/n2209fx/

 

▼ノベルアップ+:https://novelup.plus/story/784584471/447762225

 

▼カクヨム:https://kakuyomu.jp/works/1177354054892770857/episodes/1177354054892770868

 

▼note:https://note.com/higu_yuu/n/n0bcdca13821d

 

ぜひ読んでください。

 

最後に

 

『ドフラミンゴに聖なる夜を』の文字数は大体4000文字程度だと思います。

 

時間で言ったら五分〜十分ぐらいじゃないですかね。

 

貴重な時間とは思いますが、ぜひ読んでください。

 

最後に、なぜ『ドフラミンゴに聖なる夜を』がクリスマスぼっちにおすすめなのかは、読んでからのお楽しみと言う事で。

 

嫌な思いはしないと思いますよ。

 

読んで頂き有難うございました。

関連キーワード
プロフィールの関連記事
  • 畳職人の2019年はどうだった?今年の総括と2020年の目標
  • 「休日何してる?」を考えてみたら「休日はいらない」という答えになった
  • 畳職人をやめようと思った?|畳職人を続けてこれた理由
  • 【私と物語】小説を書く理由とは?|高校二年生の時に初めて書いた小説
  • 【メリークルシミマス】クリスマスぼっちにおすすめの小説
  • 【名刺がわりの小説10選】筆者がおすすめする小説12選
小説家になろう「京都物語」連載中

伝統と革新の街「京都」。京都には、畳職人が集まる不思議な居酒屋がある。来客する畳職人は変わり者の個性派揃いで、いつも事件を巻き起こす。この物語は、京都にある不思議な居酒屋を舞台にしたコメディ要素強めの私小説です。

おすすめの記事