皆さん、こんにちは!樋口畳商店の樋口です。今年もジメジメの季節が終わりを迎えましたね。みなさんの家の畳は大丈夫ですか?カビやダニなど発生していませんか?

 

樋口畳商店のブログでは、カビやダニが発生した際の対策なども紹介していますので、参考にしていただけたらと思います。

 

▼ダニについてはこちら:畳のダニ駆除はどうしたらいい?|畳にダニが湧いた時の対処法

 

▼カビについてはこちら:畳にカビが生えたらどうすればいいの?|和室のカビ予防と対策を紹介

 

ダニやカビは大丈夫!今年は発生しなかった!という方も梅雨明け夏本番になったらやっていただきたいことがあります。

よく晴れた日は和室の窓を開けて換気を!

 

ダニやカビが発生しなかった畳。夏になったからもう大丈夫だと油断されている方も多いかと思います。しかし、畳には湿気がたくさん含まれており、一度しっかりと乾燥させないとカビやダニが発生する可能性は十分に考えられます。

 

では、その乾燥方法ですが…。和室の窓を開けて換気する。たったそれだけです。できれば風が良く通るように窓だけでなくドアも開けていただき、半日ほど開けっ放しにして換気してもらうとなお良いと思います。

 

ただ、夏は蚊がいますので、網戸や蚊取り線香などはお忘れなく。

 

夏は水拭きしても大丈夫?

 

畳の材料である藺草は植物ですから湿度が高い状態も乾燥し過ぎな状態も好ましくありません。ですので、雨が続いている日、雨が降っている日に畳を水拭きするのは絶対にお勧めできません。

 

とはいえ、暑い夏の日、連日雨が降らず猛暑が続く状態であれば、水拭きすることは悪いことではありません。ぜひしてください。

 

ただし、水拭きする場合は固く絞ったタオル(雑巾)で水拭きする。決してビチョビチョの状態で畳を水拭きするのはやめてください。

 

夏は窓開けっ放しに注意

 

換気のために窓を開ける。畳にとってはとても良いことです。ただし、夏は突然の雷雨があるし、雨粒も大きく激しい雨になる可能性もあります。それに気がつかず窓を開けっ放しにしていると、畳が濡れて腐ってしまうことも。

 

天気予報で晴れマークが付いていても窓の開けっ放しには注意するようにしましょう

 

以上よく晴れた日は和室の窓を開けて換気を!でした。

最後に

蝉の鳴き声も聞こえ始め、いよいよ夏ですね。今年も自粛の夏とはなりますが、海行ったり、BBQぐらいしたいです。

 

できるかな〜。できないな。

 

読んでいただきありがとうございました。

関連キーワード
TATAMIの関連記事
  • 畳はどれくらいで交換するの?|畳の寿命を紹介
  • 床の間の飾りってどうすればいいの?|床の間人気おすすめの飾り付け
  • 畳職人になるにはどうすればいいの?|畳製作一級技能士になるまでの過程
  • 【床の間のある和室】こだわりの床の間レイアウト・デザイン
  • 集中できる部屋は畳の部屋?|仕事&勉強部屋に和室をおすすめする理由
  • 【畳が浸水】畳が水に浸かってしまった濡れた時の対処法
おすすめの記事