・ブログを続けるコツとは?
・ブログを継続させる方法を教えて!

 

みなさん、こんにちは!畳職人ブロガーの樋口です。今回は、ブログを続けるコツとは?ブログを継続させる3つの方法を紹介します。ブログが続かない!ブログが継続できない!と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

ブログを続けるコツとは?ブログを継続させる3つの方法

ブログを継続させる3つの方法
・自分の癖を理解するべし
・ブログは自由に書くべし
・ブログのネタが見つからないのなら環境を変えるべし

 

自分の癖を理解するべし

 

私はすごく気分屋で、毎日決まった時間にブログを書かなきゃいけないと思うと、ブログ書く気が無くなってしまいます。モチベーションを上げようとすればするほど、気持ちが入らないのです。

 

それはおそらく自分の癖なんだと思います。野球部の頃から決まった時間に素振りをやらなきゃと思うと、やる気が出なかったですが、自分が素振りしたいときに素振りすると決めると、なぜだか継続できる。

 

何かを継続するための方法っておそらく人によって違うんだと私は思います。決められた時間にブログ書く方が継続できる人もいるだろうし、朝早起きしてブログ書く方が継続できる人もいるだろうし、通勤時間にブログ書く方が継続できる人もいるだろうし、寝る前にブログ書く方が継続できる人もいるでしょう。

 

自分はどのタイプなのか。ブログを続けるコツは自分の癖を理解することです。これがわかっていないとブログを継続するのは難しいと私は思います。

 

ブログは自由に書くべし

 

ユーザーの為になる情報を書かなきゃ。人から共感してもらえることを書かなきゃ。アフィリエイトで儲かるような商品紹介記事を書かなきゃ。

 

思惑が強くなればなるほどブログは形式化していきます。言ってしまえば、みんな同じブログのスタイルで、みんな同じ情報ばかりになるのです。(最近は「YouTubeのやってみた」も同じ現象が起きている)

 

それってつまらないですよね。自分でブログ書いていてもつまらないと思います。形式に縛られて作るコンテンツは、確かにPV数を集めます。ユーザーに忠実ですからね。

 

しかし、そのPV数なんて一時のトレンドでしかない。長期的なスタイルには成り得ないのです

 

では、どうしたらいいのか。簡単です。ブログは自由に書くべきです。アフィリエイト?広告?ユーザーの為になる情報?そんなこと知ったこっちゃない。自分の書きたいように書き、伝えたいように伝える。形式なんて考えず、どこまでも自由にブログは書く

 

それこそがブログ本来の在るべき姿なのです。

 

ただ、一つだけ注意してほしいことがあります。適当に書くブログの文章はいけない。熱情。魂を移すような強い気持ち。自分をそこに投影するようにブログは書かないと、人には伝わらないと思います。

 

ブログのネタが見つからないのなら環境を変えるべし

 

ブログのネタがないのは、あなたが毎日同じことをしているからだと私は思います。今、コロナ禍で気軽に外出することもできませんが、それでも環境を変えることはできるはずです。

 

例えば、今まで会っていなかった地元の友達に電話してみるとか、メールしてみるとか、朝活を始めてみるとか、夜行性になってみるとか、ドライブに行ってみるとか、新しい資格や数学、プログラミング、英語を学んでみるとか、花を育ててみるとか、DIYをしてみるとか、動画投稿始めてみるなど。

 

環境を変えようと思えばいくらでも変えられると思います。会社やめろ!住む場所を変えろ!引っ越せ!はさすがに極論ですが、身近にある環境を少し変化するだけでもブログネタは見つかるので、ちょっとずつ環境を変えていきましょう

 

以上、ブログを続けるコツとは?ブログを継続させる3つの方法でした。

最後に|まとめ

 

ブログを続けるコツとは?

  1. 自分の癖を理解すること。癖がわかっていないとブログを継続することは困難。
  2. ブログは自由に書くこと。形式化したブログなんて飽きるに決まっている。
  3. ブログネタを見つける為には環境を変えること。同じ生活を送っているばかりでは、ブログのネタは見つからない。

 

いかがでしたか。参考になったでしょうか。読んでいただきありがとうございました。

関連キーワード
LIFEの関連記事
  • 【ニッポンの冬】寒い地域に人気おすすめ堀こたつがある家
  • アニメ好きには超おすすめ!人気アニメキャラクターの障子紙
  • コンクリート打ちっ放しはダメ?デメリットも解決!コンクリート壁紙
  • 夏のラグってどうしてる?置く場所に困る夏用ラグの保管場所
  • ブログを続けるコツとは?ブログを継続させる3つの方法
  • 【忘年会の意義】忘年会はつまらない?若い人も参加する楽しい忘年会
おすすめの記事