みなさま、こんにちは!樋口畳商店の樋口です。今回は襖張り替えで月商100万円は可能なの?襖は儲かるのか解説します。

 

襖張り替えで開業したいと考えている方の参考になれば幸いです。

襖張り替えで月商100万円は可能なの?襖は儲かるのか解説

 

襖の張り替えだけで月商100万円は可能なのか。結論から言えば十分に可能です

 

ただ決して簡単ではないし、月商100万円超えたからと言って儲かるとハッキリ言えるわけではありません。

 

まずは襖張替えで月商100万円がどれだけ大変なのか説明します。

襖張り替えで月商100万円は大変?

襖張替えで月商100万円に到達する為には、1枚5000円の襖を月に200枚張り替えないといけません。1ヶ月を25日(休日含む)で計算したとして、一日あたり8枚襖を張り替えれば月100万円となるわけです。

 

襖の張り替え一日8枚という数字だけ見ると簡単にできそうですが(襖張替えにかかる時間は1枚あたり15分〜20分。その後乾かすのに半日〜1日程度必要)

 

これはかなり大変。というのも襖は張り替えるだけが仕事ではありません。現場に行って襖を引き上げ、張り替えたら乾かして納品。

 

地域にもよるかもしれませんが、襖8枚になると二軒分の仕事(日本家屋や公団であれば一軒分の仕事)です。つまり1日で二軒回って襖を引き上げ、張り替えて納品する計算になります。

 

襖は天候に左右されやすく(雨の日は納品できない。ただ現場で作業できるなら現場で張り替える場合もある)、乾かす時間もありますから段取りが上手くいかないのが特徴です。

 

おまけに状態が悪い襖もありますし、地震などで敷居が傾き襖が抜けないものもありますし(ジャッキで上げないといけない)、納品する際に少し削らないと滑らない襖もあります(逆に専用のシールを貼って傾きを直さないと滑らない襖もあります)。

 

全てが段取りよくスムーズにいくとは考えられません

 

さらに言えば、現場は地域密着だけではないはずです。

 

車を走らせ30分〜40分圏内は一般的(近年は1時間以上の現場も増えてきた)。それも従業員がいたら話は別ですが、1人での作業を考えると二軒回って襖を引き上げ、張り替えて乾かして二軒納品する、それをほぼ毎日継続するなんて相当大変な作業だと私は思います

 

襖は儲かるのか?

仮に月商100万円到達したとしましょう。その利益はどれくらいなのでしょうか。4000円の襖張替えに掛かる費用は襖紙(山水)、茶チリ、胴張り(使わない場合もある)、襖のりが主な材料です。

 

これらはほとんどネットに費用が掲載されているので気になる方は調べて欲しいのですが、だいたい一枚あたりに掛かる原価は1300円前後。めちゃめちゃ安く抑えても一枚あたり1000円程度が一般的かと思います。

 

原価率を計算すると25%。

 

ただし、これにプラスして消耗品や交通費(ガソリン)、車の維持費、保険、水道光熱費、家賃、駐車場代などがプラスされます。

 

事業規模や地域性、経済状況によって金額は違いますが、月に10万円〜15万円前後の材料代とは別の費用がかかると見込んだほうがいいです。

 

営業利益の金額は概算でも出すことはできませんが、毎日めちゃめちゃ働いても50万円〜60万円程度が襖の儲けになるかと思います。

 

手取り15万円の時代ですから儲からないとは一概に言えませんが、ほぼ毎日大変な作業をこなした上に地域密着という成長の可能性を考えると大声で儲かる仕事だとは言えないと私は思います。

 

樋口畳商店の襖の考え方

とは言え、樋口畳商店も襖と障子の張替えをやっています。襖は儲からないだの大変だの言いましたが説得力がないですよね。

 

ここだけの話。樋口畳商店は襖の張替えも障子の張替えも畳を張り替えてもらうための営業として考えています。

 

襖張替えは儲からないことを前提として、お客様が襖や障子張替えから畳の張替えを検討してもらえるように襖張替え、障子張り替えに力を入れているのです

 

営業という考え方なので利益を上げようと高い襖紙を売りつけたり、協力会社(襖や障子張替えを手伝ってもらう表具屋さん)や材料屋さんの値を叩くことは絶対にありません。

 

襖や障子を安く張り替えられた分、畳を国産の良い物にしてもらえたらと私は思っています。これが襖張替えは営業だと言った意味です。

 

以上、襖張り替えで月商100万円は可能なの?襖は儲かるのか解説でした。

最後に

世の中には儲かる方法が二つあると言われています。ひとつは安く買って高く売ること。もうひとつはグレーゾーンの商売をすること。

 

襖はDIYしている方もいるので原価がモロバレしています。さらに店舗を構える必要があるため設備投資にお金が掛かるし、地域密着型の商売です。

 

安くは作れないし、高くは売れない。

 

しかも襖なんて昔からの建具で超クリーンな産業。グレーゾーンは存在しません。

 

最近だと襖張替えの他にリフォーム屋としてやっている方もいるので一概に言えませんが、畳屋からすれば襖張替えは畳を替えてもらう為にサービス精神でやるのが丁度良いと私は思っています。

 

読んでいただきありがとうございました。

関連キーワード
Craftsmanの関連記事
  • 徒弟制度とは?京都で修行した畳職人が徒弟制度の誤解について解説
  • 10代におすすめの職人の仕事とは?
  • 襖張り替えで月商100万円は可能なの?襖は儲かるのか解説
  • 職人って儲かるの?|職人を目指す人達に伝えたい3つのこと
  • 豪邸人気おすすめトイレアイテムは?|セレブ豪邸のトイレ21選
  • 【江戸川区樋口畳商店】障子と網戸の張り替えサービスを始めます
おすすめの記事