我輩も猫である。

 

名前は三つもある。

 

ぴーしゃん。みーたん。とら。

 

好きなように呼んでくれて構わない。

 

その代わり、挨拶がわりのタックルをお見舞いするから覚悟しておくように。

 

 

我輩も猫である。

 

お前!手に何か隠し持っていないか!

 

また魚の匂いがするぞ。

 

なんで魚を食べる時は我輩にもくれんのだ。

 

ばかたれめ。

 

 

我輩も猫である。

 

眠い。最近はとことん眠い。

 

疲れが溜まっておるのか。

 

襖を破いたのはお前だろ!と怒られ反省したフリ。

 

主人を相手してやるのも疲れる。

 

 

我輩も猫である。

 

いよいよ、葉の色が変わる頃じゃな。

 

この時期の庭の眺めは、そこそこ綺麗だ。

 

おい!お前たちはまたスマホで写真か。

 

目に焼けつけんかい。

 

 

我輩も猫である。

 

なんか毎日かったるい。

 

 

 

我輩も猫である。

 

やっぱり死ぬなら畳の上が一番だ。

 

南無阿弥陀南無阿弥陀仏。ありがたいありがたい。

 

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

関連キーワード
エッセイの関連記事
  • 【男女の友情とは?】男女の関係には3種類あるという話
  • どうやって職人を育てればいいの?【親方必読!職人育成マニュアル】
  • 【学歴コンプレックス】低学歴でも大丈夫だよ。っていう話
  • 【助言】川を上り、海を渡れ?|問題を解決する為の3つの思考法
  • 幸せな生き方とは?|適度に適当に生きる20代
  • 【必ず上達する】職人になる前に知っておくべき守破離の考え方
おすすめの記事