まずは簡単な自己紹介をさせてください!

自己紹介
1992年、東京都出身。
2011年4月より京都市西京区にある沢辺畳店に丁稚奉公。京都畳技術専門学校に入学。
2012年から西脇畳敷物店が主催する未来塾に通学し、内装を学ぶ。
2014年からは未来塾の主任として活動。
京都パルスプラザで行われた京都畳競技会において2011年度、2012年度、2013年度、2014年度で京都府知事賞最優秀賞をおさめる。
2014年12月に京都畳技術専門学院を卒業。
2016年9月に畳製作一級技能士の資格を取得。京都の社寺をはじめとした文化財関連の工事に携わる。
2017年4月、約6年間勤めた沢辺畳店を退職して東京に戻り、畳職人をしながら当ブログサイト「Rush Artisan(ラッシュアーチザン)」を開設。
2020年屋号を樋口畳商店とし、江戸川区でお店を開業。

今回の内容は、私のプロフィール記事になります。どんな人物なのか知ってもらえれば幸いです。

畳職人になった理由

 

畳職人になった理由。それは‥‥。特にないです。

 

確かに、畳職人だった祖父に憧れたというのはあります。ただ、それが畳職人になった理由なのかは、今思い返してみればよくわかりません。

 

自分にはやりたいことがなかった。夢もなかったし、目標もなかった。唯一興味があったのが、物を作る(特に裁縫)ことでした。

 

私は昔から裁縫が得意で、家庭科の授業でボタンを付けるのは一番早く綺麗だったし、野球部のユニフォームで破れてしまった膝当てを付け直すのは、母より綺麗で早かった(小学生の頃から)。それに、面白かった。裁縫をしている時は、本を読んでいる時やゲームをやっている時に匹敵するほど集中力があり、無心になって取り組めた。

 

とはいえ、デザイン力があるわけでもないので、裁縫は趣味でいいかな。なんて考えていました。

 

畳職人になったキッカケ

高校生の夏休みに進路指導があった。大学には行きたくないと言っていた私に出されたのは、高卒生を採用したい企業の募集の紙束だった。

 

あの頃の私には、どれも魅力がないように見えた。どうすればいいのか悩んでいると、先生が親がやっている仕事だったり、親戚がやっている仕事を参考にしてみたらと言ってくれた。

 

その時、一番に思い浮かんだのが畳職人でした。

 

カッコよかった祖父のような職人ならなってみたい。畳を作ってみたい。そう思ったのが畳職人になったキッカケだったと思います。

 

畳職人ってどうやってなるの?

とはいえ、畳職人ってどうやったらなれるのか。高校の先生が調べてくれた情報では二つ方法がありました。一つは、ハローワークで畳職人を募集している会社を探すこと、もう一つが畳の学校に通うこと

 

この二つが畳職人になる方法だとわかりました。

 

▼畳職人についてはこちら:畳職人になるにはどうすればいいの?|一級畳技能士になるまでの過程を紹介

 

高校の先生とも話し合い、畳の学校に通うことにした私は、未だよくわからぬ畳の学校について調べ始めました。

 

 

畳の学校とは、伝統的な畳技術や知識を後世に安定的に継承していく為に設立した学び舎のことで、それを教えているのはその道のプロの技術者。なかには私がお世話になった修行先の社長のように黄綬褒章を受賞した方や現代の名工に選ばれている方などが先生として教えています。

 

そういった畳の学校は全国に存在し、なかでも京都は日本各地から集まる人気校となっていました。京都ブランドというのでしょうか。私もそれに魅力を感じ、京都畳技術専門学院への入学を決めたわけです。

 

▼畳の学校についてはこちら:畳の学校って知ってる?|京都伏見区にある京都畳技術専門学院を紹介 

 

ちなみに、京都畳技術専門学院の場合、丁稚制度があります丁稚制度とは、畳の学校(夜学)に通いながら昼間は畳屋で働くというシステムで、給料は貰えるし、日曜日は休みだしで、大変素晴らしいシステムになっています。

 

詳しくは上の関連記事で紹介しているので、気になる方は参考にしてみてください。

六年間の畳修行in京都

京都で六年間、何をしていたのか。厳しい修行。汗と涙の日々。それはそれは大変な六年間でした。

 

と言うのはウソで、仕事が終われば飲み会だし、学校が終われば飲み会だし、土曜日は朝まで飲み歩きの日々でした。畳修行で辛いとか、苦しいとか、大変とかあまり思ったことはないです。

 

 

私は運が良かったのだと思います。沢辺畳店の皆さま、同期、先輩、後輩、西脇先生や木村先生、奥田先生、藤本先生、井居先生をはじめとした先生方、楽園で出会った人たち。いい人に巡り会えたおかげで、何も大変じゃなかった。むしろ、本当に楽しかった。

 

六年間、畳職人をやめずに続けてこれたのは、京都で出会った素敵な人々のおかげだと思います。本当に感謝しています。

 

畳職人をやめてもよかった?

正直言って、畳職人という仕事が面白くなかったら、すぐにやめて東京に帰ろうと思っていた。俺は一生、畳で食べいくのだ!職人になるのだ!みたいな熱情は全く無く、あったのは面白かったらいいなぐらいの軽い気持ちでした。

 

実際、初めて畳針を手に取って縫ってみると硬くて痛くて怖い。よくこんなの縫えるなと驚いたのを今でも覚えています。それから少しずつ仕事を覚え、数をこなし、経験を積んでいくと、新しい仕事を任されるようになり、自分が着実に成長しているのが実感しました。

 

モノづくりは楽しい。そう思ったのは肌で感じる成長とお客様の笑顔のおかげかもしれません。モノづくりは誠意を込めて作ると結果が必ず帰って来ます。

 

自分に厳しくあればあるほど、それに応じてお客様は喜んでくれる。お客様が笑顔で喜んでくれると私も嬉しい。自己満足だったはずの技術が報われる。そんな感じです。

 

つまらなかったら畳職人をやめよう。いつからかそんな考えは消え去り、今目の前にある畳の仕事に熱中していくようになっていきます。

 

”情熱は前にあるものではなく後からついてくるもの”

 

これは誰の言葉か忘れてしまいましたが、本当にその通りだと思います。

 

面白くなかったら畳職人をやめてもいいと軽い気持ちで始めたことが、始めてみて面白い仕事だからもっと上手になりたい!お客様に喜んで欲しい!と情熱が湧いてきた。もしかしたら頭の悪い私がアレコレ考えるよりも、やってみることで理解するほうが全然効率がいいのかもしれません

 

何はともあれ、10代で楽しいと思える仕事に巡り会えたのはとても幸運なことだったと思います。

 

京都で学んだこと

京都で学んだこと。大きく分けて二つあります。

 

1つは畳の技術は目に見えない箇所に使われるということ。畳は敷き込んでしまえば、施工した箇所を見ることはできません。手抜きな作業をしようと思えばいくらでもできるわけです。

 

最近では、畳にタッカーを打ち込み、畳表を止める施工をする業者があると聞きます。

 

▼関連記事:畳表はタッカーで止めちゃいけない?|畳を糸で縫う理由

 

日本は雨量も多く、山に囲まれている為シケやすい気候の国です。湿気の多い場所に長年畳を敷き込んでいたらタッカーの針は錆びて取れてきてしまいます。

 

短期的な畳交換をする物件であれば、そのような施工も良しとしますが、長くお客様に使ってもらう為には、糸で締めるのが一番良い方法なのです。

 

つまり、畳の仕事をするうえで大切なことは、お客様に長く使ってもらう為にどのような施工をするべきか目に見えない場所にいかに技術を使うべきか、ということ。お客様に見えないからと言って適当な仕事をしない大切さを学びました。

 

二つ目は、和室という空間についてです。

 

京都では、古い昔ながらの日本家屋が建ち並んでいます。特に京都市内には町家と呼ばれる細長い家が多くあり、そこの畳替え工事を何度も請け負いました。

 

薄暗い照明、芸術的な土壁、和紙を使った襖、陽の光を優しくする障子、立派な床の間、そして中庭。どれもが文化的に価値のある物でありながら、それぞれが調和し空間を作っている。

 

私はそうした自然と人工的な手による融合が愛おしいものなんだと、京都に行って初めて知りました。是非みなさんも京都に遊びに行った際には、昔の日本人が作り上げた空間に目を向けて観光してみてください。

 

▼関連記事:和室とは何か?和室とはどんな部屋?|畳職人が考える和室論

 

余談。京都は家の中だけでなく、京都という町の空間もよく考えられて作られている場所です。花見小路通にしろ、宮川町にしろ、上七軒にしろ、石堀小路にしろ、自分が京都という空間に染まってしまうほどの力があります。

 

京都の大工は本当にすごい。せっかく京都観光に行くならそういう景色も楽しんでもらえたらと思います。

 

京都畳競技会

 

京都では、年に一回京都パルスプラザにて京都畳競技会が行われます。

 

京都畳競技会とは、若手の職人(学院生)が集い、決められた施工手順、制限時間、寸法、完成度を競い合うものです。競技会はあくまで個人競技であり、個々の能力を判断し、個々の優劣を決める大会だと言っていますが、実態はお店の威信を懸けた戦いになっています。

 

 

京都畳競技会で優勝することは、修業先であるお店の技術レベルの高さの証明になる。日頃お世話になっているお店への恩返しというと大げさかもしれませんが、そういった気概をもって競技会に挑む学院生は多いです。

 

【畳職人/Tatami 】職人技!畳製作一級技能士の畳を作る動画

 

こちらのYouTube動画は訓練生時代に撮影した畳製作練習風景を繋ぎ合わせた映像になります。床を切って、畳表を張って、縁を縫い付け、厚さを調整し、表を止める。

 

▼関連記事:どうやって畳を作ってるの?【畳職人の作業風景を見せます】

 

これが競技会ではヨーイドン!で行われるわけです。

 

普段、遊び歩いている学院生もこの時ばかりは真剣になって練習しています。(なかにはパチンコ行くヤバい先輩とかいたけど)

 

ちなみに2011年度、2012年度、2013年度、2014年度と四年連続で京都府知事賞優勝を飾ることが出来ました。(とはいえ、2014年以外はあまり満足のいく完成度ではなかったんですがね。)

 

京都畳競技会の難しさ、厄介さは、厳しい時間の中での完成度寸分の狂いない寸法。この二つです。制限時間が厳しいので急ぐと針足が荒くなってしまうし、寸法にも若干の狂いが出てきてしまいます。

 

ただ、年々参加する毎に自分の癖を熟知してくるので、2014年はそれに応じた対策が機能したのかなと思います。何はともあれ優勝することができて、少なからずお店への恩返しができたのかなと思います。

修行を終えて東京へ帰還する

 

畳の修行期間というのは約4年で終わり、2015年4月からは職人という扱いで働いていました。残り2年(2017年4月)でお世話になった沢辺畳店からは卒業です。

 

それは修行期間だった時とは違って、将来的に職人としてやっていくのか、お店を持って畳屋を開業するのか多くの選択肢の中から自分の進路を考えなければいけない時期迎えていました。

 

「後継げばいいじゃん」って思った人もいると思うので説明すると、私の実家は元畳屋で祖父が亡くなった時にお店も潰してしまい今は跡形もない状態になっています。もし畳屋として起業するならまた一から機械も道具も揃えなくてはいけません。

 

畳の【機械・道具・材料代】は結構な費用がかかるモノで、最初にかかる設備投資を試算したら今の私ではすぐに払えないような金額でした。

 

仮に借りられたとしても、優柔不断な気持ちの中で返していけるのか正直自信がありませんでした。だからといってどこかの畳屋・内装店に勤めるのは意欲が湧かず否定的でした。

 

おそらく職人さん達の仕事に貢献したいという思いと自分の技術面以外のスキルアップを望んでいたからだと思います。

 

それで悩み結局、自分がどうしたいのかわからなくなって人生の選択で道に迷ってしまいました。

 

批判から見えた何か

真実が扉をノックするとあなたは言う。「あっちへ行け。私は真実を探しているのだ」そして真実は去っていく

ロバート・M・パーシグ

 

畳職人の仕事をしてると「綺麗になった、ありがとう」「新しい畳は気持ちいい」という言葉をよく聞きます。この仕事をしていて本当によかったと思える瞬間です。たぶん多くの畳屋さんも職人さんも同じ気持ちだと思います。

 

その一方で「畳って需要なくない」「職人って儲からないよね」という否定的な言葉を投げつけられることもあります。

 

特に若い同世代の人達からよく言われた言葉です。

 

なんでそんなことを言われなきゃいけないんだ!

 

と腸が煮えくり返る気持ちでしたが「喜んでくれるお客様がいるんだから関係ない」とそんな意見は無視してきました。でも、もしかしたらこれも一つの意見でなのでは・・・・。これらの言葉は何か大切なことなのかもしれないと考えるようになりました。

 

需要がない、儲からない原因ってなに?

 

畳はなぜ需要がない?

 

まずは畳に関するデータから見ていく事にしました。

 

畳の需要は平成29年の現在から10年前の平成19年で1/10に減少したと言われています。それにともなって国産「い草」の需要も大幅な減少となっています。

 

農林水産省の統計データによると全国のい草農家戸数の推移の変化は平成元年に8578(戸)あった農家戸数は平成28年522(戸)まで減少してしまいました。

 

▼い草についてはこちら:有名ない草の生産地はどこ?|国産い草の機能と現状について解説 

 

畳の需要の低下には、主な理由として三つあると思います。

 

日本人のスタイルの変化

高度経済成長の終わりとともに進んだ地域の過疎化と人口減少

限られた市場

 

江戸時代が終りを告げ、明治に移り変わると日本建築から西洋建築に少しづつシフトしていきます。それが加速するのは戦後の高度経済成長期、西洋建築の建売が急速に建築市場を覆います。デフレに入るとマンションやアパートなどの集合住宅が人気を博し、畳の需要も低下していきました。

 

▼関連記事:【歴史】畳が広まった理由は茶道?|畳年表でみる畳の歴史

 

そして、畳屋の最大の特徴は地域密着型の商売ということです。言い方を変えれば地域のコミュニティで成り立つ商売と言ってもいいでしょう。どちらにせよ市場は限られているので成長に限界があるというわけです。

 

職人はなぜ儲けられない?

 

「職人(建築業の職人)が儲けられない仕事」と思われている理由の一つに建築業界の仕組みに問題があるのではないかと思いました。

 

建築業界は、ピラミッド型になっていて多くの仲介手数料を抜いていくから職人の単価が叩かれる。なので職人は安い価格でたくさんの物件数をこなさざるおえなくなる。だからといって、私みたいにこのような発言してしまえば仕事をもらえなくなってしまいます。

 

▼関連記事:職人って儲かるの?|職人を目指す人達に伝えたい3つのこと

 

さらに最近はピラミッド型に拍車がかかっているように感じます。

 

特に数少ない成長市場と言われるリフォーム・リノベーション市場に相次ぎ異業種が参入してきて、これまでより更にお客様と施工者が遠い距離になっていってる気がします。

 

それはお客様にとっても悪いことだと思います。

 

誰だかよくわからない人が家に訪ねてきて工事して帰っていく。それだったらロボットでいいじゃん!って思います。せっかく街の職人を使うなら、お客様ともっと近い距離で仕事をしなくてはいけません。

 

このような畳業界の問題点を考えた結果、自分の役割がようやくわかりました。それはお店を辞める約2ヶ月前のことです。

 

東京に帰る前にまずやったこと

畳業界の問題を解決するために必要なのはインターネットだと思いました。パソコンを持っていなかった私は、パソコンに詳しい後輩に買い方を教えてもらい、購入しました。

 

まずは色々な情報発信が大事だと思い、SNSとブログ、HP作成をするためローカル開発環境を構築しました(今にして思えば、ローカル開発環境なんて必要なかった)。

 

久しぶりのHP作成は「デザインの教科書」と「HTML&CSS&Javascript」の本を見ながらの構築。中学のパソコン部以来ですが、思ったよりはスムーズに進んでいました。

 

そんなある時、VirtualBox(仮想ソフト)がアップデートを要求してきました(今にして思えば、これも必要なかった)。

 

もちろん要求に答えました。ですが、その瞬間にVagrantと繋がって紐が切れたんです。何回ググっても何回Teratailに聞いてもわからない。

 

とりあえずネットを見ながら初期化しようとターミナルで色々試してみました。

 

そしたら作ったデータがなぜか飛びました( ゚д゚)

さらに初期から入ってたソフトウェアも飛んでいきました( ゚д゚)

 

バックアップもとってない。完全に終了しました。(中学時代のパソコン部の経験がアダとなった)SNSもブログも全く伸びず、私の二ヶ月間は無駄な時間になってしまいました。

 

三歩進んだと思えば、三歩下がる

 

私のビジネスはいまもずっとこんな感じです。

 

東京に帰ってからやったこと

東京に帰ってからやったこと
・フリーランス的畳職人
・ブログ研究
・樋口畳商店

フリーランス的畳職人

 

東京に帰ってきた私は、まず反省しました。何がダメだったのか。なぜ伸びなかったのか。インターネットの世界に没入しながらめちゃめちゃ考えました。

 

そのなかで、信頼のない人がいきなり大きいことをやってもダメだ。大きいことを言ってもダメだ。そう考えるようになったのです。

 

私は畳を作る実績しかない。だからまず畳屋として事業をやらないといけない。そう考えるようになりました。

 

とはいえ、畳屋を始めるにはお金が掛かります。そんなお金を持っていない私は畳屋を始めることはできません。そこで、近所の畳屋さんや知り合いの畳屋さんから仕事をもらうフリーランス的畳職人を目指します。

 

畳屋さんから仕事をもらうためにはスーツでバシッと決めて営業に!仲良くなるために畳屋さんのホームページ制作のお手伝いを!という作戦で近所の畳屋巡りをしていた。これが失敗でした。

 

スーツ着て、ホームページを作りませんか?なんて完全に怪しい人に思われてしまい、帰れ!と言われてしまったのです。

 

そこで、スーツを脱いで汚い作業着に履き替え、ホームページ制作のお手伝いをやめて、畳屋にたまっていたゴミを捨てます!に変えたところ、これがうまくいきました。(職人は変に気取るよりもいつもの服装、素直な気持ちで向かった方がいい)

 

畳屋さんとすぐに仲良くなってお仕事ももらえるようになりました。(いまも二件ほど畳屋さんのお世話になっている。ゴミ捨てもその二件だけ変わらずやっています)

 

ブログ研究

 

一度は失敗したブログ。その原因は、私が書きたいことをブログに書いていたからだと思います。私は自分の想いばかりを記事にしてきました。でもそれは自分が有益だと思っているだけで、ユーザーみんなにとって有益な情報かどうかわかりませんよね。むしろ、むしろ自己満足記事になってしまい、ウザいと思われていたかもしれません。

 

人が畳について何を知りたいのか。何を学びたいのか。何に困っているのか。全く考えていませんでした。

 

その反省をもとに作ったブログがこちらのブログです。2021年現在、月3万PV数にまで成長したのには、ユーザーのためになる記事を書くんだという考え方の変化があったからだと思います。

 

もし今後、ブログ以外の何かコンテンツを作成する際もこの考え方を大切にしたいです。

 

樋口畳商店

 

畳屋を開業するのにはお金がいる。でも、それは設備投資にお金をかけた場合の話です。設備投資にお金を掛けず、畳を製造することができれば、畳屋を開業できると考えた私は、どうしたら設備投資を抑えることができるのかを思索しました。

 

まず考えたのは作業の無駄です。計算された作業工程に無駄はないか、動きをもっとスムーズにできないか、このヒントとなったのはファウンダーというマクドナルド創業にまつわる映画のおかげです。

 

当時のマクドナルド兄弟は、人の動きと物の動きを徹底的に分析、研究をし、何度も何度もシミュレーションしました。その結果、誰でも早くて美味しいハンバーガーを製造できるノウハウを手に入れたのです。

 

これを見たとき、畳も同じことができるのではないか。分析と研究、そしてシミュレーションを何度も繰り返せば、いつか大きな機械を必要とせず、誰でも簡単に綺麗な畳が作れるようになるのではないか。と私は思いました。

 

流石に誰でもは・・・ちょっと無理っぽいですが、大きな機械を必要なしに一時間で二枚の畳を製作することができるようになったのです

 

そうして、江戸川高校前に樋口畳商店を開業するに至りました。

 

▼関連記事:江戸川区で畳を張り替えるなら?江戸川高校前の畳屋!樋口畳商店

 

▼関連記事:畳替えが最大20%オフ?|樋口畳商店はお得な割引が多数

 

▼関連記事:【樋口畳商店の出張工事】畳張り替えの出仕事について 

 

ここまでがわたし、樋口裕介のプロフィールになりますが、今後もこの記事は更新していく、していかないといけない。そう思っています。ですので、また気が向いたら記事を見に来てください。

 

以上、畳職人樋口裕介のプロフィール記事でした。

最後に

いかがだったでしょう。私のことについて、ちょっとは知ってもらえたでしょうか。ツイッターとかフェイスブックインスタグラムもやっているので、もし興味がある方はフォローお願いします。

 

最後にこれからの目標を話したいと思います。まずは、この世界で結果を出すこと。これが一番大事だと思います。結果というのは、ブログだってそうだし、オフラインでの活動つまり畳の仕事もそうだし、できることを考えて、むしゃらにやっていきたいと考えています。

 

たぶん私は行動して失敗してから考えた方が効率的に物事を進められる。変に考える方が向いていないと私は思っています。なので、とりあえず頑張って前に、前に進んでいきたいと思います。

 

そしていつか職人とお客様がもっと近い距離で仕事ができる。そんな世界を作っていけたらいいなと思っています。私たちの仕事は機械じゃありません。人間が作るのだから、絶対に機械的であったらいけないのです。

 

ただ作って、ただ納めて、ただお金をもらう。こんなのは機械的な仕事です。

 

街で会ったら笑って挨拶、ちょっとたわいもない世間話をして、頑張ってね!なんて言われる。それこそが正しい世界だと私は信じています。

 

今はまだ畳のことしか考えていませんが、今後この大きな目標を成し遂げたい。そう考えています。

 

私、樋口裕介のプロフィール記事ということでこんなに長くなってしまいましたが、最後までお付き合い頂き本当にありがとうございます。

 

今後もブログ更新続けていきますので、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです。宜しくお願い致します。

関連キーワード
プロフィールの関連記事
  • 「休日何してる?」を考えてみたら「休日はいらない」という答えになった
  • どうやって仕事をもらうようになったの?|ゴミ捨てから始まった畳の起業
  • 【ランチ確定】職人のお昼ご飯は「おにぎり」が最高だと思うって話
  • 畳職人をやめようと思った?|畳職人を続けてこれた理由
  • 樋口裕介って誰?畳職人の自己紹介プロフィール【Yuusuke Higuti】
  • 【畳屋ブログ】畳職人の私がブログを書く5つの理由
おすすめの記事
プロフィール
  我輩も猫である。   名前は三つもある。   ぴーしゃん。みーたん。とら。   好きなように呼んでくれて構わない。   その代わり、挨拶...