・先輩上司を怒らせてしまった!どうすればいい?

 

皆さん、こんにちは!先輩を怒らせまくってきた樋口です。今回は、先輩上司を怒らせた時の対処法を紹介します。先輩をキレさせてしまったと困っている方の参考になれば幸いです。

上司を怒らせた!どうすればいい?

 

仕事でミスを連発してしまった・・・。取り返しのつかないミスをやってしまった・・・。

 

そんな時、どうすればいい?

 

まず前提として、あなたがミスをしたことは確かに悪い。悪いことだけど、ミスは許されない行為ではない。なぜならミスは誰でもする可能性があるからです。であれば、ミスは謝罪で終わる話です。

 

たとえそれが、先輩に迷惑かける事であろうが、会社に迷惑かける事であろうが、ミスは「申し訳ありませんでした。二度とこのようなことはしません」で完結する話なのです。

 

私もかつて丁稚だった頃、取り返しのつかないミスを何度もしてしまったことがありました。その都度、兄弟子や職人さんに迷惑をかけてしまい申し訳ない気持ちになったのですが、取り返しがつかないと言いつつ、なんとか取り返しはつきました。私の経験からすると、取り返しがつかないと言われた現場の大半はなんとかなる。取り返しがつきます。(人の命を預かっている仕事は取り返しつかないかもしれないですが)。

 

 

だから大丈夫です。現場もなんとかなるし、ちゃんと謝罪すれば先輩上司も許してくれるはずです。

 

もし仮に、ちゃんと誠意ある謝罪をしても許してくれなかった場合は、その会社と先輩上司が小さいヤツらだと思って相手にしなければいい。私はそう思います。

 

あなたが仕事をしている理由は、会社の為でもなければ、取引先の為でもない。ましてや上司なんかの為ではないはずです。会社や先輩上司の機嫌をうかがう為に働くなんて、日本文化の悪しき例。他の職場を探した方がいいレベルです。

 

逆ギレして、仕事なんてバックレしてやればいいと思います。(サラリーマンの世界だと珍しいそうですが、建設、建築系の職人の世界だと結構あるある)

 

▼関連記事:退職代行するぐらいならバックれちゃえば?って話

 

あなたがミスしたことは悪いことですが、ちまちま怒るような陰湿な先輩上司の元で働く必要なんてないと私は思います。

 

では続いて、先輩をキレさせてしまった時の対処法を紹介します。

 

先輩をキレさせた時の対処法

 

まず、ちゃんと謝罪しましょう。ミスしたことよりも謝罪の仕方が適当だったり、反省していないような態度で謝る人って結構いますよね。

 

これは絶対によくない。何度も言っていますが、ミスしたことは悪いことです。そこは真摯に猛省し、迷惑をかけた方々へ謝罪はするべきです。

 

先輩も一時、感情的になっている可能性もあるので、すぐには許してくれないかもしれません。その場合は、家に帰った後メールで謝罪する事をおすすめします

 

メール文はあまり丁寧すぎると感情が伝わらないので、「今日は本当にすみませんでした。」の一言でいいのではないかと私は思います。(書きたいことがあるなら書いてもいいですが、あまり書き過ぎると嘘っぽくなるので注意した方がいい)

 

次の日の朝、会社で先輩に会った時、先輩からのメールの返信によってはもう一度謝った方がいい場合もありますが、基本的には挨拶をしっかりすればいいと思います。いつも以上に元気よく挨拶すれば、先輩も「こいつは反省している」と思うはずです。

 

もしこれだけやっても先輩の機嫌が良くならない場合は、そっと距離を置きつつ様子をうかがいましょう。時間が解決してくれる場合も十分ありえますので。(無理してご機嫌取りなんかしなくていい)

 

以上、上司を怒らせた!どうすればいい?先輩をキレさせた時の対処法でした。

最後に|まとめ

先輩をキレさせてしまった時の対処法

 

  1. まずはしっかりと謝りましょう。
  2. 家に帰った後、謝罪のメールを送りましょう
  3. 次の日の朝、必要があればもう一度だけ謝罪。必要無ければ、元気よく挨拶しましょう

 

どうでしたか?参考になりましたか?皆さんの悩みが解決される事を祈っています。

 

読んでいただきありがとうございました。

関連キーワード
Craftsman, LIFEの関連記事
  • 【襖紙】和室を洋風にしたい?|洋風デザインの人気オススメふすま紙
  • ダメな職人ってどんな職人?仕事ができない職人5つの特徴
  • 【素人革命】短期間の修行でも大丈夫?|寿司職人はグローバル化を目指せ
  • 【メンズ作業服】おしゃれでカッコいい!人気おすすめのデニム作業着
  • 職人の朝は早い?職人の朝が早い理由
  • 上司を怒らせた!どうすればいい?【先輩をキレさせた時の対処法】
おすすめの記事