・職人からやる気が感じられない
・職人のモチベーションを上げる方法が知りたい

 

先日、あるセミナーに参加した。そこでは職人のモチベーションを上げるために、職人の働き方をどう変えていくか、どうしたら職人がやる気を出して働くか、などなど色々な話をしていた。

 

正直言って、どれもしっくりこなかった。

 

そこで今回は、私が思う職人がやる気を出す3つの方法を紹介します。職人のやる気がでないで困っている方、職人のモチベーションについて悩んでいる方の参考になれば幸いです。

職人がやる気を出す3つの方法

職人がやる気を出す3つの方法
・段取りを完璧にする
・喫煙所を作る
・缶コーヒーを差し入れる

 

段取りを完璧にする

職人のモチベーションを上げたいなら、まず親方や現場監督が段取りを完璧にしましょう。そもそも、やる気がない職人を現場で見たことがない。おそらくそれは、私のお世話になっている工務店の社長さんや大工の棟梁、親方さんたちの段取りが完璧だからと思います。

 

でも、他の現場では段取りミスで職人同士がカチ合わせをし、怒って帰ってしまったなんて話もよく聞きます。私自身も段取りが狂っていると、調子が悪くなる等ありますので、職人にとって段取りというのは、本当に大切なことなんだと思います。

 

喫煙所を作る

職人のやる気を上げるには、喫煙所を作るのが良いと私は思います。喫煙所と言っても施設にあるようなちゃんとした喫煙所ではなく、外からは見えにくい場所、もしくは仕切りをして、スタンド型の灰皿を置いた簡易的なもので構いません。喫煙所があるだけで、タバコが好きな職人は、きっと喜ぶと思います。

 

喫煙所がない現場は、基本的にみんな車の中でタバコを吸います。もちろん現場の近くに駐車場があって、車を止められるなら喫煙所も必要ないですが、多くの場合は駐車場が遠く離れた場所、遠くのコインパーキングに止めているので、タバコを吸うために車まで戻らなければなりません。

 

それは職人が大変ですよね。

 

現場によっては喫煙所が作れない場所もありますが、喫煙所が作れるなら作ってあげた方が絶対に良いと思います。

 

缶コーヒーを差し入れる

夏の暑い日、職人のやる気をあげたいと思っているなら缶コーヒーの差し入れがおすすめです。職人にとって一番キツい季節は、夏なんですね。汗ダクダクで喉も渇くし、頭もボーとして本当にしんどい。そんな時、キンキンに冷えた缶コーヒーを持って来てくれたら、本当に嬉しいです。

 

缶コーヒーには、無糖、微糖、エメマン(エメラルドマウンテン(甘い))など個人の好きな缶コーヒーもありますが、基本微糖だったら間違いないです。

 

もし夏場に息が切れている職人がいたら缶コーヒーを差し入れしましょう。

 

以上、職人がやる気を出す3つの方法でした。

最後に

今回、話が長くなるので、給料(施工料)を上げる、仕事が早く終わるの二つは除外しました。これについてはまた何かの記事で説明するので、乞うご期待でお願いします。

 

先日のセミナーの話は、ブログ記事で載せるわけにもいかないので、どういった内容だったのかお伝えできませんが、私個人的には、もっとシンプルに考えた方が良いような気がすると思いました。

 

そもそもやる気のない職人さんなんてほとんど出会わないですしね。

読んでいただきありがとうございました。

関連キーワード
Craftsman, エッセイの関連記事
  • 【独立は何から始める?】職人が独立する前にやっておくべき5つのこと
  • 職人とは何か?|ハイテクな時代で職人の進むべき道を考えてみた
  • 【親方必読】見て覚えろは時代遅れ?これからの職人の教え方
  • 家づくり失敗しない為に大切なことは?|家作りの失敗例をまとめてみた
  • 職人のやりがいとは?|畳職人を9年やって気づいた3つのやりがい
  • 豪邸人気おすすめトイレアイテムは?|セレブ豪邸のトイレ21選
おすすめの記事