今回は、桜の話。お付き合いください。

桜の話

 

桜は死を連想すると言われているが、私はそうは思わない。桜の花びらは散った後も変わらず、美しくそこに存在するのだから死とは呼べない。とはいえ、力強い生を感じるとも思えない。生を連想するには余りにも儚すぎる。

 

ただ、桜は幼き日の記憶を想起させてくれる。子供の頃、祖父に連れられて行った公園。今日と同じように空は曇っていた。

 

 

桜がひらひらと落ちては舞って、落ちては舞ってを繰り返し、まるでNHK大河ドラマのセット会場に来ているかのような光景だった。

 

舞い上がる桜に興奮した私を、祖父は一生懸命に追いかけながら公園中を走り回った。気がつけば、私の身体に何枚かの花びらが付着していた。私にはそれが不思議で仕方なかった。幼い手では花びら一枚も取ることができなかったのに、なぜか桜の花びらが肩にのっている。

 

襟元に付いた桜の花びらを取ってそれをずっと眺めていると、もう此奴は飽きたのか!と思ったのか、祖父は「帰ろうか」と言った。私は「うん」と言って祖父と手を繋いで公園を後にした。

 

 

今もなお、この公園ではあの日と同じように桜がひらひらと落ちては舞って、落ちては舞ってを繰り返している。

 

ただ、あの頃のように桜の花びらを捕まえようと走り回ることも、祖父と手を繋いで帰ることもできない。幼き日の記憶がいくら鮮明に想起されても、それはあくまで追憶でしかなく、刻んだ時計の針は巻き戻せないということだ。

 

桜の花とはどんな花か。何を連想する花か。人によって答えは違うかもしれないが、私は過去との決別。別れの花だと思っている。

関連キーワード
エッセイの関連記事
  • 職人とは何か?|ハイテクな時代で職人の進むべき道を考えてみた
  • 野球部で十二年間坊主だった私が脱坊主派野球部に賛成する理由
  • 【悲報】飲み会に誘っても誰も来ない(泣)|人を動かすのに必要な4つのこと
  • 本物とは何か?本物や偽物を使いたがる人に言いたいこと
  • 働き方改革では変わらない?|ドイツに学ぶ働き方
  • 男性にとって恋愛とは?病気的な恋愛とオアシス的な恋愛
おすすめの記事