みなさん、こんにちは!畳製作一級技能士の樋口です。今回は、【独立は何から始める?】職人が独立する前にやっておくべき5つのことを紹介します。

そろそろ独立しようかな

 

長年お世話になった親方の元を離れて、そろそろ独立しようかなと考えることもあるかと思います。

 

職人の独立は宿命的なものもあるし、私としては大賛成です。

 

ただ、独立するにあたってやっておくべき事はあると思います。

 

そこで今回は【独立は何から始める?】職人が独立する前にやっておくべき5つのことを紹介します。

 

独立を考えている職人さん達の役に立つ記事になれば幸いです。

 

【独立は何から始める?】職人が独立する前にやっておくべき5つのこと

職人が独立する前にやっておくべき5つのこと
・クレジットカードを作る
・地元の繋がりを作る
・宣伝用の写真を撮りまくる
・体力づくりを始める
・独立することを公言する

 

クレジットカードを作る

 

まず一番最初にやるべきはクレジットカードの作成です。

 

私は独立する前までクレジットカードは殆ど使いませんでした。

 

そもそも買い物は現金主義だったし、別にクレジットカード無くても困らないし、何より持ち運ぶのが怖かったからです。

 

しかし、独立してからは殆どの買い物をクレジットカードで済ましています。

 

その理由は単純に経理が楽だからです。

 

職人の独立は一人親方の始まりです。

 

今まで作業だけやっていれば良かったものが、営業から経理や雑用まで一人で全てをこなさなければなりません。

 

つまり時短できるものは極力時短しなければならないのです。

 

 

現金を引き出す為に銀行に行くのも、領収書を全部集めて管理するのも馬鹿馬鹿しい時間ですから、なるべくクレジットカードで決済した方がいいのです。

 

ところで、何故独立する前にクレジットカードを作成しなければならないのか。

 

別に使う時がきたらクレジットカードを作ればいいじゃん!って思う人もいますよね。

 

実はクレジットカードを作るには審査があります。

 

一人親方の職人なんて信用がありませんから審査が通らない可能性が高いのです。

 

フリーランス用のクレジットカードも確かにあるにはあります。

 

ただ、手数料が高いなどあまり良いカードではありません。

 

勤めて信用があるうちにクレジットカードは作成しておきましょう。

 

地元の繋がりを作る

 

遠くの海より近くの釣り堀

 

そんなこと言ったら言葉悪いかもしれませんが、地元の繋がりは独立するにあたって強い武器になります。

 

仕事場は近くて良いし、口コミは広まりやすいし、何よりお金をちゃんと払ってくれる安心感があります。

 

独立する前に地元でしっかりと繋がりを作ってビジネスを広めていきましょう。

 

では、どうやって地元で繋がりを作るのか。

 

一番手っ取り早いのが、地元のコミュニティに所属することです。

 

地元のコミュニティとは、例えば消防団。

 

これは比較的若手の方々が所属する団体で、一緒に訓練をしたり、お酒を飲んだりするので仲良くなりやすいです。

 

少し時間を取られますが、地域の為に貢献しているわけですからビジネス抜きにしても素晴らしい活動だと思います。

 

ちなみに畳職人の若手は消防団に所属している方が多いです。

 

あとは商工会議所なんかもオススメです。

 

商工会議所は地元の交流会やセミナーも開催しています。

 

独立するにあたっての税や法律の相談も無料で出来ますし、融資の相談も出来ます。

 

それで年会費一万五千円位なので割安だと私は思います。

 

ただし、独立して2年〜3年位経つとちょっと必要度合いが低くなるのは否めません。(私も三年目に入る前に辞めてしまいました)

 

なんか良いコミュニティが無いなぁと思ったら自分で作るのも良いかもしれません。

 

今はオンラインサロンなんてのも流行ってますしね。

 

宣伝用の写真を撮りまくる

 

独立する前に必ずやっておいてもらいたいのが作業風景や自分の作品などの写真を撮っておく事です。

 

いや、使うかどうか分からなくても何でもいいから撮りまくることをオススメします。

 

独立すると資料を作って人前でプレゼンしたり、お客様に営業したり、ホームページを作成したりします。

 

その時、言葉や文字だけでは何も伝わりません。

 

むしろ職人だから言葉や文字より、作品の画像や作業風景の方が人の心に刺さります。

 

独立したいと思った瞬間から写真は撮りまくりましょう。

 

ちなみに最近はYouTube動画にあげてユーザーに広く視聴してもらう方法もあります。

 

【畳製作一級技能士 】畳の端止め「からくり(かがり)」

 

これは私のYouTube動画ですが、自分の作業風景を無編集で投稿しています。

 

再生回数は周りの人気ユーチューバーと比べるとビックリするぐらい低いですが、それでも沢山の方に見て頂けていると思うと投稿した意味はあるのかなと思います。

 

これからは写真だけでなく動画も重要なものなんだろうと思います。

 

体力づくりを始める

 

独立を考えているのであれば、体を鍛えた方がいいです。

 

仕事って重なる時に重なるものです。

 

仕事を選ぶことなんて初めのうちは絶対にできません。

 

つまり重なっても仕事は断れず、請け負い続けなければならないのです。(とても有難いことなんですがね)

 

しかも夜は飲み会続き。日を跨ぐことはザラです。(有難いこと・・・です)

 

そんな生活を毎日続けていける体力が今のあなたにありますか?

 

恐らく多くの職人さんがノーだと思います。

 

比較的体が強い職人さんでさえ、今のままの体力では厳しいです。

 

そこでまずはランニングから始めましょう。(だいぶ走ってなかった人はウォーキングから始めましょう)

 

▼ウォーキングはこちら:ウォーキングは精神安定剤と同じ?|鬱っぽいと思ったあなたに!

 

最初は軽く慣らす感じで構いませんから休むことなく走るようにしてください。

 

やはり継続することが一番価値のあることです。

 

ただ、怪我をしてしまっては元も子もありません。

 

走る前は必ず体操、ストレッチ忘れずに行ってください。

 

▼ストレッチはこちら:ストレッチの時間ってどれくらい?|静的・動的ストレッチを紹介

 

独立することを公言する

 

○月○日に独立する!

 

独立すると決めたら何月何日に独立すると周りに公言した方が良いです。

 

これは言う事で覚悟が固まりますし、口に出す事で独立に必要な情報をインプットしやすくなります。

 

人間は無意識のうちに必要な情報を集める生き物です。

 

口に出す事で自動的に集めやすくしてくれます。

 

とはいえ勿論、親方に言うのは仕事の都合もあるでしょうからある程度話をして調整する必要はあると思います。

 

迷惑の掛からない範囲で公言しましょう。

 

以上、【独立は何から始める?】職人が独立する前にやっておくべき5つのことでした。

 

最後に

 

いかがでしたか。

 

これは私が独立する前に知っておいたらよかったなぁと思うことをまとめたものです。

 

参考になれば嬉しいです。

 

よく起業を考えているなら経営に関する勉強をした方が良いと言う意見を耳にします。

 

勉強は何をするにしても大切な事ですが、優先順位的には低いのかなと思います。

 

と言うのも、成功した経営者のやり方が必ずしもあてはまるとは限りません。

 

むしろ、それより色々な仮説を立て、自分で試して検証していく方が何倍も役に立つのかなと思います。

 

遠回りこそ近道。

 

これはイチローさんの言葉ですが、自分で考え自分で試していく事の方が遠回りのようで実は近道なんだと思います。

 

独立する際の参考になれば幸いです。

 

読んでいただきありがとうございました。

関連キーワード
Craftsman, LIFEの関連記事
  • 【和室インテリア】和モダンとは?|若者におすすめ人気の和モダンな家
  • 【セレブ豪邸のリビング16選】お金持ちに人気おすすめ内装インテリア
  • 古民家をおしゃれにしたい!人気おすすめのリノベーション事例
  • 【椅子・机・本棚・ソファ】おしゃれな書斎に置きたいアンティーク家具
  • 【障子の種類】障子を張り替えるなら人気おすすめおしゃれな障子紙
  • 24時間で新築が建つ?|3Dプリンターで建てる新しい時代の家づくり
おすすめの記事