みなさん、こんにちは!畳職人の樋口です。今回は畳職人を9年やって気づいた3つのことを紹介します。

 

やりがいって何ですか?

 

みなさんも仕事をしていると、この仕事のやりがいって何だろうか、考えたりしませんか?

 

仕事にやりがいなんてない!お金を貰うために仕事をしている!

 

そう考えている方も多いかもしれませんが、やりがいが有れば仕事がもっと楽しくなるのは間違いありません。

 

そこで今回は畳職人を9年やって気づいた3つのことを紹介します。

 

やりがいとは?

遣り甲斐(やりがい)とは、物事をするに当たっての心の張り合い。しがい。

 

辞書の説明ではちょっとわかりにくいですよね。

 

思いつくもので、やりがいを感じるものをまとめてみました。

一般的な仕事のやりがい
・スキルアップを感じた
・仲間との絆を感じた
・達成感を得た
・給料が増えた
・楽しいと感じた

 

20代、30代はやりがいを求めて仕事を選ぶ。

 

40代、50代はお金を求めて仕事を選ぶ。

 

60代は・・・・。

 

やりがいって聞こえは良いですが、本当に必要か?と問われた時に悩みますよね。

 

だってやりがい無くたって生きていけるじゃないですか。

 

もっと言えば、労働に価値を見出さなくても楽しい人生はおくれますよね。

 

なので、やりがいなんかいらないよ!という方は、これから先を読んでも共感してもらえないと思います。

 

職人のやりがいを例えるなら、楽しい人生にもう一つスパイスを加えたようなもの。

 

スパイスを美味しいと感じるか、不味いと感じるかは個々の主観に委ねることになります。

 

職人のやりがいって何だろうか。気になる皆様だけ読んでもらえた嬉しいです。

 

 

畳職人を9年やって気づいた3つのこと

畳職人を9年やって気づいた3つのこと
・職人のやりがいは、ものづくりの楽しさ
・職人のやりがいは、使命感
・職人のやりがいは、お客様の喜ぶ顔

職人のやりがいは、ものづくりの楽しさ

 

職人のやりがいは何と言っても”ものづくりの楽しさ”にあります。

 

とはいえ、ものづくりの楽しさって具体的にはよくわからないですよね。高校の工作の授業じゃあるまいし・・・。

 

ものづくりの楽しさの本質は”こだわり”にあります。

 

こだわりを一言でいえば、自己満足で間違いありません。

 

自己満足と聞くとネガティヴなイメージに聞こえますが、職人の自己満足はポジティブなイメージに思ってもらったら良いです。

 

職人の技術というのは、目に見えない、目に見えにくい箇所に使われていることが多く、お客様からはわかりにくいものになっています。

 

例えば、畳は敷き込んでしまえば、施工した箇所は全く見えないですよね。

 

こだわって施工してもお客様からはわからない。つまり、こだわりとは、職人の自己満足なんです。

 

では、なぜこだわるのか。

 

商売の視点で考えれば、お客様から見えない箇所の施工を、こだわる必要性は感じられないですよね。

 

こだわっている暇があるなら、早く作って、早く納めた方が生産性が向上し、利益が上がりますので。

 

「こだわり=お金」になっていない今の職人業界の状況では”こだわり”を捨てる方が、間違いなく合理的な選択です。

 

しかし、我々職人はこだわる。なぜか。

 

答えはすごくシンプルで、ただ好きだからです。こだわることが楽しいからです

 

だから利益になるとか、ならないとか、ほんとはどうでもいいことだと思って、こだわってしまうのです。

 

ある方が言ってました。

 

お客様が満足する前に、自分が満足できるかが重要だって。

 

仰る通りだし、それが職人のこだわりだと思います。

 

とはいえ、こだわってばかりいる職人は、商売人としては失格だし、経営者としては大バカ野郎です。

 

でも、それで良いのかなとも思います。

 

商売人でもなければ、経営者でもない。何と言っても職人ですから。

 

職人のやりがいは、使命感

 

職人のやりがいには二つのタイプが存在すると思います。

 

一つは先に述べたような「ものづくりをすることの楽しさ」。つまり内的な理由から生まれたこと。

 

もう一つは、「誰か、何かのため」という使命感に近い外的な理由から生まれたこと。で、こっちは職人以外の方も当てはまるかと思います。

 

職人の仕事は物を作って売ることです。

 

どんな職人業でも、ビジネスはビジネスなので、必ず相手がいますよね。

 

「誰か」とは、基本的に「お客様(クライアント)」のことを言います。

 

とはいえ、「お客様」以外にも使命感を覚える存在が私たちの業界にはいます。

 

例えば、い草農家さん。

 

畳というのは、畳職人だけで作られているイメージの方が多くいますが、畳の材料であるい草はい草農家さんが栽培しています。

 

い草は農作物ですから、天候に左右され、背が伸びず成長しない年もあります。

 

しかし、農家さんたちの懸命な努力によって、毎年素晴らしい優美ない草を生産し、我々の元に届けてくれています。

 

その農家さん達の努力や苦労を私は知りませんが、畳を作るうえで「農家さんが作った素晴らしいい草を活かして、お客様に喜ばれる畳を作らなければならない。」と使命感を持っていることは間違いありません。

 

ちなみに畳職人以外にも、大工さんだったら林業の方であったり、寿司職人だったら漁師さんに同じような気持ちを抱いているかと思います。

 

やりがいは他にも、「何かのために働く」ことで感じる場合もあります。

 

例えば、伝統を保守するといった、文化的価値を守ろうとする動機づけです。

 

畳という敷物は、約千年以上続いてきた日本固有の文化です。

 

姿形の変わらない物やサービスは10年もたないと言われる中で、1000年以上続いているのは異常であると言えます。

 

ただ、畳は何もせずに千年の時を過ごしてきたわけではありません。

 

時代の節目に起こった使い方の革新により、畳は生き残ることができたのです。

 

私たちには先人達が紡ぎ繋いで来た歴史を自覚し、誇りを持って後世に残していかなければならない。と考えている方も職人業界には多いです。

 

私も多少は、少しは思っています。

 

職人のやりがいは、お客様の喜ぶ顔

 

ここまで、職人のやりがいについて説明してきましたが、やりがいって冒頭に言った通り、生きていく上で別に必要ないことですよね。

 

全然無くても困らないし、普通に幸せに生きることはできます。

 

とはいえ、もし人に感謝される仕事をしていたら、あなたは今やっている仕事にどういう目を向けるでしょうか?

 

きっと私はこの世界に必要な人間なんだと自覚するはずです。

 

人間にはそれぞれ小さな役割があると思います。

 

例えば、子孫を残すことから始まり、家族への貢献、地域への貢献、友達への愛。その先にあるのが価値を提供し、生活を豊かにすることです。

 

役割とは人それぞれですが、人を幸せにすることとイコールなのは間違いありません。

 

したがって、お客様を喜ばせる商品というのは、小さな幸せを提供していることになります。

 

職人がお客様の喜ぶ顔を見てやりがいを感じるのは、小さな幸せを提供しているという役割を自覚しているからかもしれません。

 

そう意味で職人のやりがいとは、人と関係して初めて生まれるものなのかもしれません。

 

以上、畳職人を9年やって気づいた3つのことでした。

 

最後に

この記事は書きにくかった(笑)

 

やりがいがそこまで重要だと、私は思ってないんですよね。

 

だからやりがいがない人もそこまで気にする必要ないと思いますよ。

 

むしろ、やりがいがないから仕事やめる!という選択の方が違和感があります。

 

やりがいがあったらちょっとハッピーくらいに捉えた方がいいかもしれません

 

 

読んでいただきありがとうございました。

関連キーワード
Craftsmanの関連記事
  • 畳屋で独立するってどうやるの?|十万円で畳屋を起業した話
  • 【建設業界の人手不足】人気おすすめ職人のマッチングサービス5選
  • 【海外の反応は?】おすすめ人気のすごい日本の職人技10選
  • 【職人YouTuber】YouTubeに職人技を投稿するメリットとデメリット
  • 【職人技で畳を作る】畳職人の早技YouTube動画
  • 【比較】洋風デザインの家VS和風デザインの家おすすめはどっち?
おすすめの記事