• TATAMI
    畳とフローリングどっちが良い?|畳とフローリングのメリット&デメリット
    2018年5月1日
  • Craftsman
    成長市場のリフォーム&リノベーション市場|そこにある落とし穴とは
    2017年7月19日
  • TATAMI
    畳マットは赤ちゃんに優しいのか?|赤ちゃんにオススメの畳マット
    2018年5月21日
  • TATAMI
    畳のダニ駆除はどうしたらいい?|畳にダニが湧いた時の対処法
    2018年5月31日
  • TATAMI
    畳業界に新しい風を吹かせたい|「畳屋よこうち」代表に聞く"自由な仕事"とは
    2017年9月11日
  • TATAMI
    畳の値段ってどれくらい?|畳製作一級技能士が教える一般的な相場
    2018年4月1日
  • TATAMI
    畳職人になるにはどうすればいいの?|一級畳技能士になるまでの過程を紹介
    2017年11月14日
  • TATAMI
    和室にある床の間って何に使うの?|歴史を知れば使い方が見えてくる床の間の話
    2017年7月6日
  • TATAMI
    【畳屋マーケティング】売り上げを伸ばしている店がやっている5つの事
    2017年8月22日
  • TATAMI
    畳の学校って知ってる?|京都伏見区にある京都畳技術専門学院を紹介
    2017年7月6日
  • TATAMI
    畳について知りたい?|畳とは何か知りたい人はまずはこれを見てくれ!
    2018年2月17日
  • TATAMI
    【畳張り替え講座】畳表替えにかかる時間は?|畳替えの時期は今でしょ
    2017年7月6日
  • プロフィール
    【自己紹介】 RushArtisan代表 樋口裕介プロフィール
    2017年6月12日
  • Craftsman
    【驚愕】日本の凄い職人技に海外と国内の反応は?|職人技をまとめてみた
    2017年8月26日
  • TATAMI
    置き畳のおすすめって何?|置き畳のメリット&デメリットについて紹介
    2018年5月9日
  • TATAMI
    畳にカビが生えたらどうすればいいの?|和室のカビ予防と対策を紹介
    2018年6月5日
スポンサードリンク

 

 

五条通りを真っ直ぐ進む。京都市山科区を抜け、山を越えると滋賀県に到着する。

 

京都市内から滋賀県の有名どころ琵琶湖まで3040分というところだろう。

 

鹿と大仏を見に奈良県に行くよりかは、かなり近いように思える。

 

そんな京都のすぐ近くにありながら、何故か??滋賀県民は京都市民に見下されている。ように感じる。

 

今回は京都と滋賀との関係性を実体験を元にご紹介します。

 

風力発電所の風車

 

日本人ならご存知のことと思うが琵琶湖は日本一広い湖。

 

その直径は63.49km、湖の面積は約674㎢で滋賀県面積の約6分の1の大きさである。

 

東京ドームにしたら1434個分。って逆にわかりにくいか・・・。

 

そんな琵琶湖沿いの道路は車でドライブするには気持ちが良すぎる!

 

車窓からの眺めは、完全に海にしか見えない壮大な景色。アメリカの西海岸を走っている気持ちだ。まぁ行ったことないけど(笑)

 

友達と釣りへ

 

ある日、友達と琵琶湖に釣りに行くことになった。

 

琵琶湖はバス釣りが有名で多くの釣り師達が休日になると釣りをしに訪れる。

 

今回の話とは無関係だが琵琶湖で釣りをすると「外来魚回収ボックス」というゴミ箱みたいなのが置いてある。

 

これは釣った魚(外来魚)をキャッチアンドリリースするのではなく、回収ボックスに捨ててくれというもの。

 

何でも、外来魚が増えすぎて、琵琶湖にもともと住んでいた魚がいなくなってしまったらしい。

 

気持ちはわかるがゴミ箱みたいなのに生きている魚を捨てるのは心が痛む。もうちょっと工夫してほしい。

 

そういったちょい文句はある場所だが琵琶湖での釣りは楽しい。

 

東京に住んでいた頃は旧江戸川という汚い川と汚れた景色で釣りをしていたもんだから、全く違う風景にテンションも上がる。

 

だが、そんな琵琶湖の景色を見て、京都人の友達は「湖しかないな(笑)」と一言。

 

確かに周りには釣り屋と喫茶店ぐらいしかお店はなく、あっけらかんとはしている。

 

私の家の近くの葛西臨海公園と似ているが、比べてもちょっと寂しい感じがする。

 

「じぶん、こんな田舎きたことないやろ。」

 

「まぁ(苦笑い)」

 

それから釣り場を変えようと移動していた時、車の車窓から立派な風力発電の風車が見えた。

 

「風の谷のナウシカ」では見たことがあるが、本物を生で見たのは初めてだった。

 

湖の辺りで威風堂々に聳え立つ姿は壮観だった。

 

「琵琶湖だけじゃないじゃんか。あんな凄い風車初めて見たよ」

 

と京都人の友達に言うと「じぶん知らんの?(笑)あの風車、大赤字で今すぐにでも取り壊したいらしいで(笑)」と大爆笑された。

 

どうやら滋賀県民にしてみたらお荷物なようだ・・・。

 

大津市での話

 

一度、大津市に住む友達の家に遊びに行ったことがある。

 

言わずもがな大津市は滋賀県の県庁所在地だ。

 

大津市にはびわ湖ホールという芸術劇場がある。

 

とんでもなく立派な建物で「文化発信の拠点」として滋賀県が総事業費240億円近くをかけ建設したらしい。

 

西日本で初めての本格オペラ劇場らしく、関西オペラの拠点となっているそうだ。

 

というような話を聞くとパリのような芸術の街になっているように思うが、極めて少ない。

 

あるにはあるのだが、目立たない場所にあって隠れミッキーを探している気分。

 

そんな大津市だが琵琶湖がすぐ近くにあること、自然に囲まれていること、京都まで30分ぐらいで行けること、土地が安いことが人気を集め、人口増加率は高い数値を出している。

 

もしかしたら大津市自体が隠れミッキーなのかもしれない。

 

大津市で夜遊び

 

京都人の友達と大津市に住む友達の家に遊びに来た。

 

私は初めて滋賀県を観光するということで楽しみだったが京都の友達は最初からあまり乗り気ではなかった。

 

「何で滋賀やねん。おもんないわ。」

 

こっちは初めてなんだからいいじゃんって心の中で思いつつ「一回だけ!」って言って何とか説得した。

 

その日の夜は大津市でお酒を飲もうと決めていた。

 

東京だったら飲みに行く前にお店をググるのは常識だが、大津市に住んでいる友達もいることだし、お店は任せようと思っていた。

 

ググらなくても大津市は結構大きな都市だと聞いていたし、滋賀県の県庁所在地だから最悪でも総武線の新小岩ぐらいはお店があるだろうと思っていた。

 

しかし、「ごめんね。これぐらいしかないんだ」と言われたお店は平井駅前より少なかった。

 

とは言っても2件ハシゴしたお店、どちらとも美味しかったし(お刺身)、近江の地酒なんかも置いてあって大満足だった。

 

機会があるならまた行きたい。って本気で思う。

 

だが、最初からやや不満気味だった京都人の友達はいらん一言を言う。

 

「これがしがや!」

 

滋賀県の友達は笑っていたが、私は笑っていいのかわからなかった。

 

滋賀県のナンバープレートはゲジゲジナンバー?

 

京都に暮らしてた頃の趣味はドライブだった。

 

京都には山中越えが2つほどありドライブコースとしては申し分なかった。

 

特に比叡山を抜け滋賀県に行く山中越えは道幅も狭く急なカーブでお気に入りのコースだった。

 

そんな山中越えへは、普段一人か、仲良い先輩と行くのだが、その日は京都の友達とドライブした。

 

京都の北白川から途中にあるコンビニまで私が運転し、コンビニから山中超えて滋賀県に入るまで彼が運転した。

 

今回の話とは関係ないが、比叡山側の山中越えは不吉な噂がある。

 

織田信長に焼き討ちにあった僧侶たちの怨念があるとかないとか・・・。

 

お化けとかを信じないわけではないが、比叡山延暦寺はお寺だし、阿弥陀仏してるでしょ。

 

でも夜は怖い雰囲気を感じるのでご注意を。

 

ゲジゲジって何だ?

 

運転は友達とコンビニで変わった。

 

私は夜だったし、疲れていたこともあってコンビニで買ったコーヒーを飲みながら助手席に座った。

 

その友達も運転は慣れていた。「秋名のハチロク」とは程遠いが多少スピードは出していたと思う。ちなみにコンビニからは下りである。

 

そんな調子で走っているもんだから、コンビニを出て少し走ると目の前の車に追いついてしまった。

 

その車は時速20キロ以下の徐行に近い速度。

 

助手席に座っていた私も目の前の車に少しだけイラっとしたが、普通に考えれば安全運転で何も悪くない。

 

「悪いのは俺たちだな」なんて心の中で呟いていると運転席に座っていた友達は「さすがゲジゲジや」と言った。

 

ゲジゲジ?何のこと?意味不明だった。

 

なんでも車のナンバープレートの滋賀の文字「滋」がゲジゲジに似ているから皆んなそう呼んでいるらしい。

 

私にはバカにしてるのか、愛称で読んでいるのかわからなかった。

 

怒ってんの?ネタなの?どっちなの?

 

同年代の飲み会で滋賀県出身の人が同席していた。

 

その人の話はちょくちょく聞いていたが、まだどんな人か知らなかったので、簡単に自己紹介をしてもらった。

 

彼は「××です。よろしく。」軽い挨拶を済ませて、すぐにおしぼりに手をあてた。

 

私が「どこ出身?」と彼に聞くと隣に座っていた京都人の友達が「しがや~」と半分ニヤケて言った。

 

周りの友達は、なぜか笑っていた。

 

何が面白いんだろう?それに、君には聞いてないんだけど・・・。と思いつつ、滋賀県の子も笑っていたし、その場はみんなに合わせた。

 

彼は、もともといじられキャラなのか?

 

まだ会って間もない。あまりよく知らない子だったので私がいじる事はしなかった。

 

でも「東京もんはノリが悪い」と言われるのは癪だったし、面白くなくても笑ったフリはした。

 

トークの中心は女性やクラブの話。20歳を超えたばかりの男が話すことなんてそんな会話ばかりです。

 

ただ、今回少し違うのは、ちょくちょく滋賀県イジリが入っていた。

 

「滋賀県は遊ぶとこがない」とか「終電以降、京都のクラブにいるのはだいたい滋賀県民」とか「滋賀県の景色は同じ景色ばかりで道が覚えられない」などと結構言われていた。

 

お酒が入っていたので仕方ないのかもしれないが、弄りというか悪口レベルだった。

 

初めは笑っていた滋賀県の子もちょこちょこイジられるのに少し怒ってこう言った。

 

「ほんまに!琵琶湖の水止めんで!」と。

 

それを聞いた京都人の友達が条件反射の如く「それしか言うことないやん(笑)」って言い、皆んな爆笑していた。

 

これはギャグなのか?滋賀県の鉄板ネタなのか?誰か教えてくれ!!!と思いつつ、私は愛想笑いに努めた。

 

最後に

 

今回の記事では京都の友達がすごく悪いヤツ!みたいな書き方になってしまった。

 

ちょっとフォローすると普段はめちゃくちゃ良い人。ただ、なぜか滋賀県民をいじるのが好きなご様子なのです。

 

どこがそんなに面白いのか私には理解できませんが・・・。

 

京都の人は「滋賀県は何もない」と言いますが、琵琶湖と自然があればなんでも生み出せると思います。

 

最近じゃあレジャースポーツだって若い人には大人気ですし、琵琶湖のほとりでBBQできるのは最高です。

 

確かに交通の便はとても悪いですが、改善されれば、滋賀県が発展する可能性はあるかと思います。

 

いつか!いつか京都人を見返す日がきっと・・・・。

 

読んでいただき有難う御座いました。

関連キーワード
エッセイの関連記事
  • 職人の弟子入りに向かない人とは?|修行によって得られる3つのこと
  • 京都と滋賀は仲が悪い?|実体験を元に滋賀と京都の関係性を紹介
  • 人にお金を貸したら返ってこない?|お金を貸さない方がいい5つの理由
  • 他人に興味をもたれる為には?|魅力的な人に共通する7つの特徴
  • やりたいことがわからない?|好きなことを見つける3つの方法
  • 男女の友情は成立する?成立しない?に言いたい3つのこと
  • いらないプレゼントはメルカリ?|大切な人に喜ばれるプレゼント
  • 【超難問】これが解けたら超優秀?|有名企業の入社問題を集めてみた
おすすめの記事